循環器内科 循環器センター

トップ > 診療科・部門 > 循環器内科

循環器内科についてご紹介します。

専門分野 外来担当医表

医師紹介

氏名 出身大学
卒年
役職名 認定医・専門医 専門領域
植村 祐介(うえむら ゆうすけ) 名古屋大学
H16年

循環器内科代表部長
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会 TAVR実施医認定医
日本内科学会認定JMECCインストラクター
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
虚血性心疾患
心不全
循環器内科一般
石川 真司(いしかわ しんじ) 名古屋大学
H16年
循環器センター長 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本不整脈学会植込み型除細動器(ICD)研修セミナー履修
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
不整脈
循環器内科一般
竹本 憲二(たけもと けんじ) 名古屋大学
H3年
第1診療部長
救命救急センター長
内科代表部長
院長補佐
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・施設代表医
日本高血圧学会専門医
日本不整脈学会植込み型除細動器(ICD)研修セミナー履修
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
虚血性心疾患
循環器内科一般
度会 正人(わたらい まさひと) 名古屋大学
S60年
院長 日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会専門医・評議員
日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医・評議員
名古屋大学臨床教授
名城大学臨床教授
虚血性心疾患
循環器内科一般
光田 貴行(みつだ たかゆき) 愛媛大学
H20年
CCU部長 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会 TAVR指導医
日本内科学会認定JMECCインストラクター
虚血性心疾患
弁膜症
循環器内科一般
山口 尚悟(やまぐち しょうご) 名古屋大学
H22年
循環器内科病棟医長 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
循環器内科一般
安達 健(あだち たけし) 名古屋大学
H25年
循環器内科診療医長 日本内科学会認定内科医 循環器内科一般
寺岡 翼(てらおか つばさ) 名古屋大学
H26年
CCU医長 日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
循環器内科一般
宇野 博人(うの ひろと) 信州大学
H26年
循環器センター医長 日本内科学会認定内科医 循環器内科一般
岡本 峻幸(おかもと たかゆき) 名古屋大学
H31年
医員 循環器内科一般
早川 輝(はやかわ ひかる) 名古屋市立大学
H31年
医員 日本内科学会認定JMECC修了
日本救急医学会ICLS・BLSコースインストラクター
循環器内科一般

循環器内科について

虚血性心疾患、不整脈、弁膜症、心不全を中心とした心臓・血管疾患の全般を対象としています。循環器センターのスタッフが24時間体制で常駐し、心筋梗塞・急性心不全・重症不整脈を中心とする救急疾患にも対応しています。
循環器疾患を持つ方は、心臓以外の血管疾患を始め、多くの併存疾患を有していることが多いですが、総合病院である強みを生かして、複雑な病歴を持つ患者さんにおいては他科と連携が可能です。また循環器疾患は、急性期の治療が終わった後の慢性期管理も重要になりますので、当院での外来管理に加え、実地医家(かかりつけ)の先生との病診連携にも力を入れています。
その他、臨床研究にも積極的に取り組んでおり、自施設のみならず他施設との共同研究も数多く手がけています。

認定施設

  • 日本循環器学会指定研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会指定研修施設
  • 心臓リハビリテーション認可施設
  • ロータブレーター認可施設
  • 植え込み型除細動器(ICD)認可施設
  • 心臓再同期療法(CRT)認可施設、補助人工心臓(VAD)認可施設
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)実施施設
TAVI特設ページ

循環器内科で扱う主な疾患

  • 虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)
  • 不整脈
  • 心不全
  • 弁膜症
  • 心筋疾患
  • 心膜疾患、腫瘍
  • 肺塞栓症
  • 末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)

基本方針

各疾患における診療方針をご紹介します。

虚血性心疾患(安定狭心症)

虚血性心疾患全般について

心臓を栄養する血管(冠動脈)の狭窄や閉塞によって、心臓の筋肉(心筋)に十分な血液が送れなくなる疾患です。最も頻度が高いのは、動脈硬化によるもので、血管の壁に脂肪を含む塊が蓄積した、粥腫(じゅくしゅ)もしくはプラークが原因で起こるものです。このプラークがだんだん大きくなって血管が細くなったり、プラークが破れて血管内に血栓(血の固まり)ができて突然血管が閉塞することもあります。(図1)

循環器内科で虚血性心疾患を治療する中では、薬物治療と並んでカテーテル治療がその中心になります。当院はこの地区における心臓カテーテルの草分け的存在として、カテーテル検査は1975年から、治療は1981年から始まり、その中で培った豊富な経験とデータが蓄積されています。カテーテルによる血行再建治療に関しては、手首からの細いカテーテル、造影剤や被曝量の低減、シンプルかつ効果的な治療など、可能な限り侵襲の少ない治療を心がけています。
一方で、一部の病変部位やプラークの性状によっては、太いカテーテルを用いてプラークを削ったり、カテーテルよりもバイパス手術の方が、成績の良い治療が提供できることもあります。当院では複雑な病変治療にも対応できるようなカテーテルデバイスの認定施設でもあり、また心臓血管外科との連携もスムーズにできるような体制を整え、生命予後やステントの再治療といった長期成績と、患者さんに負担が強くない治療の両方を念頭において、そのバランスを考えた治療を提供しています。(図2)

急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症)

心筋の壊死やダメージが生じる急性心筋梗塞とダメージが生じない不安定狭心症を合わせてこのように呼びます。最も頻度が高いのは、プラークが破れるなどして血管内に血栓(血の固まり)ができて突然血管が閉塞する、もしくは閉塞に近い状態になることです。徐々に狭くなった血管が閉塞する場合は、狭心症の過程を経て発症しますが、大きくないプラークが破れることで血管が閉塞することもあり、突然発症することもあります。 急性冠症候群の中で、ST上昇型心筋梗塞では治療までの時間が予後を左右すると言われています。当院では夜間でもスタッフが迅速に集まり、ガイドラインにおいて推奨されている90分以内の再灌流療法、またショック状態や急変などに対応できる補助循環装置の使用も可能です。

慢性冠症候群(慢性冠動脈疾患)

以前は安定狭心症と言われていたものですが、安定して治療が必要なくなった状態と誤解をされやすいこと、また、生命に大きく関わる急性冠症候群と一連の病態であることから、このような名前が最近使われるようになっています。狭心症を疑わせるような症状や状態、検査異常が認められた場合、症状、患者さんの持っているリスク、心臓の機能などを加味しながら、CTやアイソトープ検査、さらにはカテーテルによる冠動脈造影などを組み合わせて精査を行い(図3)、薬物療法やカテーテル治療・冠動脈バイパスを含む血行再建につなげています。

薬物治療

慢性冠症候群の中には、冠動脈の治療後、またプラークがあっても症状のない方も含まれます。
動脈硬化や動脈内プラーク形成には、加齢や心筋梗塞の家族歴などの遺伝的素因もありますが、それよりもむしろ高血圧、脂質異常症、糖尿病、タバコなど生活習慣がその進行に関与しますので、こうした危険因子の管理が本来重要です。カテーテル治療を含む血行再建は、血管全体そしてその時間経過の中で考えれば、治療の「一部」にしか過ぎません。治療をした後の再発・進行を防ぐために最適な薬物治療を行うことも、治療手技と同様、もしくはそれ以上に重要視しています。
薬物治療においては、血行再建後の再発抑制のために血液を固まりにくくする薬剤を内服することになります。一方で、日本人は欧米人に比べて、出血するリスクが高く、出血リスクが高い患者さん(図3)には、こうした薬剤を複数種類内服する期間を短くすることも推奨されています。一方で、早く中止することで、血管が閉塞してしまってはいけません。短い期間での薬剤減量を、確実な治療に基づいて行うことができるよう努めています。
こうした当院の中での治療はさることながら、長期的な視点では病診連携を行い、かかりつけの医院で投薬をお願いすることが多くあります。当院の方針が確実に実地医家(かかりつけ)の先生方に伝わるよう、カテーテル治療の患者さんの紹介状は、専用の紹介状を作成するなど病診連携にも力を入れています。


心不全

心不全全般のおはなし

心不全とは、何らかの原因によって心臓が悪くなって、血液を全身に送り出すポンプ機能が発揮できなくなり、息切れやむくみが起きる病気です。
人口の高齢化に加え、心筋梗塞や不整脈の治療成績が良くなり心臓に疾患を抱える患者さんも増えたことで、心不全患者さんの数は右肩上がりに増えており、その傾向は今後も続くと予想されています。
心不全患者さんの生命予後は、一部の悪性腫瘍(がん)と同じくらいとも言われますが、個人差が大きい部分があります。しかし、一度改善しても再度悪化して入院する「再入院」を繰り返すことも大きな特徴です。(図1)

心不全の発症・悪化の要因とその意味

心不全の発症や悪化には、治療可能な要因が少なくありません。虚血性心疾患不整脈弁膜症などについては、なるべく負担が少なくかつ速やかに検査し、必要であれば治療を行います。心不全は治癒するものというよりは上手に付き合っていく疾患であり、お薬やリハビリテーションを中心とした運動療法も重要であり、定期的な通院やチェックも欠かせません。しかしながら、どれだけいい薬を出しても、どれだけ高額な治療を行っても、薬を服用しなかったり、不摂生で生活管理ができなければまた増悪してしまいます。医師による治療と同じくらい、患者さん自身(もしくは周囲の介助者)による自己管理が重要であると言われています。
心不全は再入院するたびに心臓の機能が悪化し病状が進行するだけでなく、身体機能が低下し、日常の生活動作が徐々にできなくなることや、認知機能が進行することが問題となっています。心不全患者さんの多岐にわたる基礎疾患、悪化要因、生活環境や社会背景に対応するために、医師だけでなく看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーなど、心不全多職種チームで運動、食事、服薬、血圧や体重の測定含めた生活の中における指導や、退院後の生活支援など、患者さんに合わせた評価介入を行なっています。

心不全多職種チーム

当院では心不全多職種チームを2015年から立ち上げました。一般的に入院中の身体機能維持には早期のリハビリや栄養介入が重要で、また患者さんの自己管理指導や生活支援により、心不全再入院が減少することが報告されています[5]。このような介入には、通常、医師だけでの関わりでは不十分です。専門職が多く集まる急性期病院だからこそ、その専門性を活かしてより良い治療とケアを提供できると考えています。
各職種の大まかな役割を示します。
【看護師】ケアの統括・生活指導・日常生活動作の評価
【理学療法士】リハビリテーション・運動指導
【栄養士】栄養指導・低栄養や食思不振への対応
【医療ソーシャルワーカー/退院コーディネーター】退院後の社会的サポートの調整、転院や施設との連携
【薬剤師】服薬指導・認知機能の評価・薬剤適正使用のチェック
【歯科口腔衛生士】口腔内環境の評価
【心理士】心理的支援
週に1回はカンファレンスを行い、患者さんの問題点を抽出し、それにどう対応するかを話し合っています問題は多岐にわたりますが、中でも身体機能の低下は、今までできていたことができなくなるという意味で患者さん自身だけでなく、その家族にとっても大きな問題であり、また介護需要の増大という社会的な問題でもあります。こうした中で、チーム全体としては、心不全入院中の身体機能の低下を防ぐことを目標の一つとしてきました。この5年間の推移を見ると、患者さんの高齢化が徐々に進んで入るものの、当初は半数近くの患者さんに身体機能の低下が見られたのが、最近では1/3に減少しています。(図2)

身体機能が低下せずに退院ができるようになったことで入院期間の短縮にもつながっていると思われます。身体機能を保ち、可能なら早く自宅へ退院するという入院管理をチームとして意識しながら行なっています。
心不全の管理を行なっていく上では、入院中よりもむしろ、退院してからの方が長く、また重要になります。昨今、病院完結型から地域完結型に医療はシフトチェンジしており、心不全が治癒するものではなく、上手に付き合っていくものであるため、地域のかかりつけの先生やメディカルスタッフとの連携が欠かせません。心不全多職種チームでは、患者さんのケアに関する情報も地域に連携できるよう、紹介状の仕組みを整えたり、メディカルスタッフを対象とした勉強会を定期的に開催するなど、安城市だけでなく西三河全体という観点で、より良い心不全管理が行えるように取り組んでいます。(図3)

心不全緩和ケア

心不全が辿る経過は患者さんによって異なりますが、その中で身体的症状や心理的・社会的なものも含むさまざまな苦痛が生じることがあります。近年、心不全にも「緩和ケア」の概念が浸透してきました。「緩和ケア」と聞くと、「終末期で手の施しようがない」「何も治療しない」というような暗いイメージがあるかもしれませんが、心不全の緩和ケアは、治療を継続しながら、全人的な苦痛に介入し、患者さんやその家族をサポートして生活の質を維持・改善するものです。院内の症状緩和チームと協力しながら、適切な「緩和ケア」を提供できる体制を整えています。
また、心不全が悪化と改善を繰り返す中では、重篤な状態に陥った時や自分が意思表示できないような悪化を迎えたときに、何を大切にし、どのような治療やケアを希望するかを事前に考えておく「アドバンス・ケア・プランニング(advance care planning; ACP)」も心不全緩和ケアの重要な要素になります。より良い状態を目指しつつも、「もしも」の時のことについてご家族や医療スタッフと少しでも考えられるように科として取り組んでいます。


不整脈

不整脈とは

心拍数やリズムが一定でない状態を示します。また心拍や脈拍が整であっても、心電図で異常がある場合は臨床的には不整脈と診断します。
ヒトの心臓は1分間に60~100回ほど拍動し、全身に血液を送っています。
心拍数が100回/分を超える場合を頻脈といい、60回/分未満を徐脈といいます。
頻脈は動悸や息切れ、胸の不快感などを引き起こし、徐脈はめまい・倦怠感・失神などを引き起こします。
また、これらの不整脈の中には血圧低下や意識障害を伴う致死的なものも含まれます。また、健康診断での心電図や最近ではスマートウォッチなどで不整脈を指摘されて相談にみえる方も増えています。

不整脈の検査

上記のような自覚症状がある場合には不整脈が原因となっている可能性があります。当院では不整脈を検出する手段として運動負荷心電図検査、24時間ホルター心電図検査、最長2週間の記録が可能な長時間記録心電計など用いて検査を行っています。また、必要に応じて2-3年間の記録が可能な植え込み型心電計の手術を行うこともあります。

不整脈の治療

不整脈の治療には薬物療法と非薬物療法があります。
①薬物療法は、発作回数そのものを少なくする抗不整脈薬療法になります。また、『心房細動』という不整脈においては、脳梗塞などの血栓症を予防する抗血栓療法も非常に重要な役割を果たします。抗血栓療法には、出血リスクの懸念もあるため、その適応についてはガイドラインの基準を参照に各症例ごとに判断しています。抗不整脈薬はその効果や有効期間には個人差があり不整脈を完全に抑え切ることは困難です。また、稀に副作用が問題となることもあるため一定期間、不整脈の症状を和らげる目的で使用することが多いです。
②非薬物療法にはカテーテルアブレーション治療と心臓植え込み型デバイス治療があります。 I.カテーテルアブレーション治療:これは細い管を足の付け根の血管から挿入し、その先端を血管内に通して心臓内に誘導し不整脈の発生源となっている部位を焼灼する(アブレーション)治療法です。アブレーション治療は薬物治療よりも不整脈の根治率が高い治療方法です。
II.心臓植え込み型デバイス治療:ペースメーカなどの体内植え込み型の治療機器を総称して心臓植え込み型デバイスと呼ばれます。ペースメーカは徐脈性不整脈に対しての唯一の治療法として確立した治療法です。当院では徐脈性不整脈の種類によってはリードレスペースメーカを選択することも可能となっております。また、ペースメーカ以外に致死性不整脈を検知して自動で電気的除細動を行い救命を行う植え込み型除細動器(ICD)や重症心不全における心臓の働きを効率化する両室ペースメーカ(CRT)などの治療機器が選択されることもあります。心臓植え込み型デバイスのフォローアップなどは遠隔モニタリングと呼ばれる植込み型心臓デバイスの情報を自宅に設置した専用のモニタやスマートフォンアプリを通じて、医療機関に送信することができるサービスを利用します。

当院の不整脈治療の特色

不整脈専門医を中心に循環器内科全体で不整脈の治療に取り組んでいます。また、不整脈専門外来も併設しており、不整脈の相談から診断、治療まで対応しています。当院でのカテーテルアブレーション治療の80%程度は『心房細動』がターゲットとなっています。心房細動は発症から1年以内の方が根治率が高いことが知られており、当院では必要と判断される方には積極的にカテーテルアブレーション治療の選択肢を提示しております。『心房細動』に対するカテーテルアブレーション治療を行う際には、事前に心臓CT検査を行い心臓の形態を把握しています。心臓の大きさや治療部分の形態により、従来の高周波アブレーションの他に冷凍凝固バルーンを用いたクライオバルーンアブレーション、さらにレーザーバルーンを用いたレーザーバルーンアブレーションを選択することが可能であり、症例ごとに使い分けています。手術を行う際には『安全かつ確実』を目標に、より満足度の高い治療を提供できるよう心がけています。また、『心房細動』以外の難治性不整脈(心房頻拍や心室頻拍など)に対するカテーテルアブレーション治療も積極的に行っております。心臓植え込み型デバイスに関しては、ペースメーカ以外に植え込み除細動器(ICD)や両室ペースメーカ(CRT)などの治療が可能であり、術後の遠隔モニタリングデータの管理などは『不整脈デバイスチーム』という専門多職種チームにて行っております。
また、『心房細動』に対する治療で血栓塞栓症を予防するうえで非常に重要な役割である抗凝固療法が、出血などの合併症のため内服継続が困難な症例には左心耳閉鎖デバイス(WATCHMAN ウオッチマン)という代替療法を行うこともできます。
当院での不整脈治療は、従来のものから最新の治療方法まで多くの選択肢を用意しており一人一人に適した治療方法を組み合わせたり、選択することが可能となってます。


弁膜症

弁膜症について

心臓弁膜症とは心臓にある4つの弁(大動脈弁・僧帽弁・三尖弁・肺動脈弁)が正常に機能しなくなることで、大まかには弁の開きが悪くなる「狭窄症」としっかりと閉じなくなる「逆流症」があります。
弁膜症に伴って起きる心不全や不整脈などを管理しながら、弁膜症の進行を心エコーなどで検査しながら経過を見ていくのが内科で、根治治療については胸部外科が大きな役割を担っていますが、近年、一部の弁膜症については、循環器内科でも根治治療を行うことができるようになってきています。

大動脈弁狭窄症について

大動脈弁狭窄症は進行すると突然死や心不全などで命を落とす、予後の悪い疾患です。大動脈弁が加齢などにより石灰化することが原因として一番多く、社会の高齢化とともに増加しており、75歳以上の約8人に1人は大動脈弁狭窄症に罹患していると言われています。
進行速度には個人差がありますが、必ず加齢とともに進行します。心臓超音波検査などで重症度を判定し、重症で動悸や息切れ、胸の痛みや重苦しさ、失神などが出現したら手術適応となります。
以前は開胸による大動脈弁置換術が治療の第一選択でしたが、2016年より当院ではカテーテルを使って折りたたまれた人工弁を悪くなった大動脈弁まで運び広げる、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)が施行可能になり、どちらの治療を行うかは、年齢や手術リスク、解剖学的条件も含めて、ハートチームで決定しています。
TAVIは、傷は小さく済み、短い入院期間(約5日)で施行可能です。また当院では2020年から局所麻酔でのTAVIも行っており、さらに低侵襲で治療できるようになっています。TAVI弁には自己拡張型とバルーン拡張型の2種類があります。当院ではどちらも使用することができ、全ての患者さんに最適の治療を選択することが可能です。また、過去に大動脈弁疾患に対して外科的に置換された生体弁が10~15年で劣化してきますが、その生体弁機能不全に対して、人工弁の中にカテーテルで TAVI弁を留置する術式(TAV in SAV)も当院で施行可能となりました。
TAVI特設ページ
今後もTAVIを含めて弁膜症のカテーテル治療の適応はさらに広がっていくと思われますが、患者さんにより良い治療を提供できるようスタッフ一同協力して検査、治療を行っていきます。


診療実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
外来患者数(延べ人数) 36,559 36,617 35,088 32,080 27,003
入院患者数(延べ人数) 18,100 14,717 15,012 14,553 13,985
紹介率 86.6% 91.4% 96.1% 97.1% 94.3%
逆紹介率 144.3% 147.6% 177.2% 195.2% 200.3%
治癒・逆紹介率 48.4% 52.7% 64.0% 61.9% 61.7%
平均在院日数 9.2 6.9 7.2 7.1 7.2
治療実績 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
冠動脈カテーテル治療(PCI) 513 523 493 468 426
急性冠症候群に対するカテーテル治療(緊急PCI) 205 214 176 207 169
心筋焼灼術(カテーテルアブレーション) 241 264 340 367 376
心房細動に対する心筋焼灼術 158 210 273 280 312
植え込み型除細動器治療(ICD) 18 7 8 12 7
両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器治療(CRT-D) 10 2 4 6 3
経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI) 13 18 27 36 36
ページトップへ戻る