産婦人科 母体胎児センター
ロボット・内視鏡外科センター

トップ > 診療科・部門 > 産婦人科

産婦人科についてご紹介します。

外来担当医表

医師紹介

氏名 出身大学
卒年
役職名 認定医・専門医 専門領域
鈴木 崇弘(すずき たかひろ) 昭和大学
H5年
産婦人科代表部長
母体胎児センター長
特任院長補佐
(がん診療センター副センター長)
日本産科婦人科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
愛知県医師会母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)修了
腫瘍
菅沼 貴康(すがぬま たかやす) 名古屋大学
H10年
婦人科腫瘍部長 日本産科婦人科学会指導医・専門医
愛知県医師会母体保護法指定医
腫瘍
深津 彰子(ふかつ あきこ) 浜松医科大学
H18年
産婦人科病棟部長 日本産科婦人科学会指導医・専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)指導医・専門医
愛知県医師会母体保護法指定医
産婦人科全般
藤田 啓(ふじた けい) 福井大学
H23年
女性内視鏡医長 日本産科婦人科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(産婦人科)
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)修了
da Vinci Certificate(ダ・ヴィンチ執刀資格)
The Fetal Medicine Foundation認定 NT Certificate(NT計測資格)
周産期
女性内視鏡手術
藤木 宏美(ふじき ひろみ) 愛知医科大学
H24年
産科医長 日本産科婦人科学会専門医 産婦人科全般
傍島 綾(そばじま あや) 徳島大学
H25年
産婦人科外来医長 日本産科婦人科学会専門医 産婦人科全般
松澤 克治(まつざわ かつじ) 名古屋大学
S54年
医員 日本産科婦人科学会指導医・専門医
日本周産期・新生児医学会暫定指導医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
日本周産期・新生児医学会評議員
名古屋大学医学部臨床准教授
愛知県医師会母体保護法指定医
周産期
腫瘍
片山 高明(かたやま こうめい) 広島大学
H28年
医員 産婦人科全般
中尾 優里(なかお ゆうり) 京都大学
H29年
医員 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)修了 産婦人科全般
花谷 茉也(はなたに まや) 富山大学
H28年
医員 日本産科婦人科学会専門医 産婦人科全般
松井 真実(まつい まみ) 愛知医科大学
H29年
医員 産婦人科全般
藤倉 舞(ふじくら まい) 名古屋大学
H30年
医員 産婦人科全般
安達 弥生(あだち やよい) 名古屋市立大学
H31年
医員 産婦人科全般
石川 智仁(いしかわ さとみ) 藤田医科大学
R2年
医員 産婦人科全般
勝見 奈央(かつみ なお) 新潟大学
R2年
医員 産婦人科全般
鈴木 佑奈(すずき ゆうな) 宮崎大学
R2年
医員 産婦人科全般

産婦人科について

当院は総合周産期母子医療センターと地域がん診療連携拠点病院の指定を受けているため、産婦人科は周産期部門と婦人科悪性腫瘍部門を大きな二本の柱として診療を行っています。

周産期部門は、リスクの高い妊娠(ハイリスク妊娠)や母体搬送の受け入れなど、西三河地域の中核的周産期医療機関としての役割を担っています。また、地域に根ざした産科医療機関として、リスクの少ない妊娠(ローリスク妊娠)にも積極的に対応しています。

婦人科悪性腫瘍については主に子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの治療を行っております。ガイドラインに沿った標準的な手術 療法、化学療法、放射線治療について、患者さん、ご家族の方とよく相談し治療方針を選択しております。

婦人科悪性腫瘍の症例も増加傾向であり、遅滞なく治療が開始できるよう努力しております。そのため良性疾患の手術は数か月 お待ちいただくことがございますのでご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

※平成28年5月より新規の不妊治療はお断りさせていただいております。

※妊娠3ヶ月(妊娠11週)までの人工妊娠中絶は、特別の場合を除き他院に紹介させていただきます。

※令和4年2月より、子宮頸部異型成、骨盤臓器脱、子宮内膜症・子宮筋腫、更年期症状で通院中の病状が安定している患者さんは、近隣の病院・クリニックへ積極的に「逆紹介」させていただくことといたしました。もちろん、逆紹介させていただいた後に治療・検査が必要となった場合は、当院へ再度紹介いただき対応させていただきます。産婦人科外来診療が逼迫した状況の中、心苦しいことではありますが何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。

認定施設

  • 日本産科婦人科学会認定卒後研修指導施設
  • 日本周産期・新生児医学会母体・胎児専門医制度基幹研修施設

産婦人科で扱う主な疾患

  • 周産期全般(正常妊娠、合併症妊娠、異常妊娠、胎児異常、正常分娩、異常分娩、産褥異常)
  • 婦人科悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど)
  • 婦人科良性腫瘍(子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍など)
  • 骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱脱)
  • 更年期障害

鏡視下手術について

当院では子宮筋腫や卵巣腫瘍等の良性腫瘍に対し、今までは通常開腹手術を第一選択として行ってきましたが、2021年4月より腹腔鏡手術を積極的に行うことが可能になりました。(詳細は2021年度診療実績を参照下さい)

腹腔鏡手術は傷が小さく、患者様の身体への負担も開腹手術と比して低いため、早期の退院、社会復帰が可能です。また、2020年2月に子宮良性疾患に対してのロボット手術が保険収載されたことから、当院でも2021年10月より内視鏡手術支援ロボットda Vinci-Xiシステムを導入、同12月よりロボット支援下子宮全摘術の施行が可能となりました。ロボット支援下手術は腹腔鏡と同等の小さな創で、3D視野での深部の術野展開が可能、手振れがなく確実かつロボットの多関節アームにより開腹操作に近いパフォーマンスが可能となる次世代の術式で、今後、全国的にもスタンダードな手術となりうるものです。

患者さんの病状に合わせて開腹、腹腔鏡、ロボットを選択肢として提示させていただき、より良い医療の提供を目指します。

里帰り分娩および面会制限について

県外からの里帰り分娩の受付を再開いたします。
4階東病棟・MFICUの面会制限を行っています。
  里帰り分娩の再開について4階東病棟の面会制限について

分娩受付・分娩制限について

当院での出産を希望される方は、外来受診時に受け付けます。
*県外からの里帰り出産をご希望の方は、産婦人科外来にお問い合わせください。

tel:0566-75-2111 (産婦人科外来)

ハイリスク妊娠や母体搬送の受け入れなど、地域の中核的周産期医療機関としての役割を果たすため、リスクの少ない妊娠(ローリスク妊娠)に対し、分娩数の制限を実施させていただいています。詳しくは、「分娩受付についてのお知らせ」をご覧ください。

分娩受付についてのお知らせ

取り組みのご紹介

日本産科婦人科学会では、本邦における産婦人科領域の診療の現状を把握することで、より良い産婦人科医療に反映することを目的に日本産科婦人科学会データベース登録事業を行っています。この登録事業のうち、当院産婦人科は周産期登録、婦人科腫瘍登録に参加しています。登録する情報は匿名化し、情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。

基本方針

総合周産期母子医療センターの機能を最大限発揮し、西三河南部医療圏における周産期医療に貢献する。

地域がん診療連携拠点病院の役割として、婦人科悪性腫瘍の治療における更なる機能拡充、治療の質の向上を目指す。

診療実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
外来患者数(延べ人数) 47,859 47,573 48,212 46,337 42,690
入院患者数(延べ人数) 28,272 28,814 29,416 29,024 23,852
紹介率 80.4% 78.8% 80.2% 85.7% 84.4%
逆紹介率 29.8% 21.7% 20.5% 21.9% 25.0%
治癒・逆紹介率 45.1% 48.3% 44.7% 39.4% 38.6%
平均在院日数 8.3 7.9 8.9 8.9 8.1
手術件数 1,487 1,475 1,468 1,463 1,241
母体情報 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
分娩数 1,258 1,240 1,260 1,133 1,110
単胎 1,176 1,148 1,185 1,065 1,034
双胎 81 90 74 67 74
品胎 1 2 1 1 2
帝王切開 611 566 569 563 558
内、緊急 225 165 182 159 160
母体搬送患者 196 188 196 187 186
胎児情報 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
出生数 1,335 1,322 1,327 1,193 1,178
689 663 706 586 619
646 659 621 607 559
死産児 6 12 9 9 11
(※22週未満の死産児) 42 37 28 26 36
【分娩方法】正常分娩 562 595 622 502 496
【分娩方法】骨盤位分娩 2 0 1 1 0
【分娩方法】吸引分娩 65 45 44 46 41
【分娩方法】鉗子分娩 15 30 26 15 10
【分娩方法】帝王切開 440 461 436 455 454
【分娩方法】緊急帝王切開 251 191 198 174 176
【出生時体重】1,000g未満 29 22 35 26 22
【出生時体重】1,500g未満 35 32 27 28 24
【出生時体重】2,500g未満 288 290 289 215 261
【出生時体重】4,000g未満 976 967 968 919 866
【出生時体重】4,000g以上 7 11 8 5 5
【在胎週数】22週~27週 23 22 28 23 15
【在胎週数】28週~33週 61 52 60 62 63
【在胎週数】34週~36週 166 156 179 136 153
【在胎週数】37週~41週 1,085 1,092 1,061 972 946
【在胎週数】42週以降 0 0 0 0 0
婦人科腫瘍症例 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
子宮頸がん(浸潤がん) 51 42 41 30 41
子宮体がん 42 63 51 59 64
卵巣がん(境界悪性含む)・卵管がん・腹膜がん 57 61 50 48 40
膣がん・外陰がん 2 5 3 0 2
子宮肉腫 2 2 1 4 0
絨毛性疾患 12 9 7 7 7
その他 1 0 1 0 0

(1~12月)

婦人科腫瘍手術症例 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
子宮頸がん(浸潤がん) 40 25 28 21 26
子宮体がん 40 57 48 58 57
卵巣がん(境界悪性含む)・卵管がん・腹膜がん 44 52 36 38 38
膣がん・外陰がん 0 1 2 0 2
子宮肉腫 2 2 0 3 0
その他 1 0 1 0 0

(1~12月)

鏡視下手術 診療実績 2021年度
腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出(核出)術 27
腹腔鏡下付属器切除術 26
腹腔鏡下子宮全摘術 26
腹腔鏡下子宮外妊娠根治術 10
ロボット支援下子宮全摘術 1
その他 3
合計 96

(4~12月)

ページトップへ戻る