救急科 救命救急センター

トップ > 診療科・部門 > 救急科

救急科についてご紹介します。

医師紹介

氏名出身大学卒年役職名認定医・専門医専門領域
久保 貞祐(くぼ さだひろ) 名古屋市立大学
H12年
救急科代表部長 日本救急医学会専門医
日本麻酔科学会専門医
日本集中治療医学会専門医
社会医学系専門医協会専門医
麻酔科標榜医
日本DMAT隊員(統括)
ICLSコースディレクター
MCLSインストラクター
JPTECインストラクター
安城市災害医療コーディネーター
救急医学
災害医学
麻酔科学
田渕 昭彦(たぶち あきひこ) 名古屋市立大学
S63年
副院長
集中治療センター長
日本救急医学会専門医
日本救急医学会ICLSディレクター
JPTECインストラクター
AHA BLS&ACLSインストラクター
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
日本集中治療医学会東海北陸地方会評議員
第8回CVC指導者養成コース修了
愛知県・安城市災害医療コーディネーター
社会医学系専門医協会指導医・専門医
日本DMAT隊員(統括)
日本集団災害医学界MCLSインストラクター
救急医学
災害医学
麻酔科学
集中治療学
ペインクリニック
寺西 智史(てらにし さとし) 弘前大学
H21年
救急外来部長 日本救急医学会専門医
日本外科学会専門医
日本集中治療医学会専門医
胸部ステントグラフト実施医
日本救急医学会ICLS指導者養成ワークショップディレクター

AHA BLS&ACLSインストラクター
JATECインストラクター
日本救急医学会推薦インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本外科学会ATOMコース修了
アメリカ熱傷学会ABLS
プロバイダーコース修了
アメリカ医師会ADLSコース修了
SSTTコース運営協議会外傷外科手術治療戦略コース受講
日本集団災害医学会MCLSインストラクター

救急医学
災害医学

救急科について

救急科には現在3名の救急科専門医が所属しており、麻酔・集中治療領域や胸部外科といったサブスペシャリティを持ち、それぞれの専門性を発揮しながら診療にあたっています。主に平日日勤帯のER(救急外来)を担当し、初期研修医を指導しながら救急患者の初療を行って各科の専門診療へスムーズに繋いでいます。また院内急変対応や災害医療の分野でもリーダーシップを発揮し、医療従事者向けの講習会(BLS・ICLS・MCLS・JPTECなど)も積極的に開催することで標準化された診療の普及に努めています。救急科では一緒に働いてくれる仲間を随時募集しています。

認定施設

  • 日本救急医学会救急科専門医指定施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修施設

基本方針

  • 知識、技術の向上を目指し、各専門診療科と連携を保ったチーム医療の質を高める
  • 初期研修医をはじめとした職員(看護師・コメディカル)の教育体制(蘇生方法・災害対策)の強化を図る
  • 近隣救急隊との症例検討会や活動記録表のフィードバックを通して、病院前救護のレベルアップに努める

診療実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
救急患者総数 35,090 34,294 35,504 33,707 24,679
救急車両数(再掲) 8,966 8,891 9,719 9,289 7,746
入院患者数(再掲) 6,694 6,571 6,822 6,687 6,271
ページトップへ戻る