診療協同部 臨床検査技術科

トップ > 診療科・部門 > 診療協同部 > 臨床検査技術科

臨床検査技術科についてご紹介します。

臨床検査技術科について

臨床検査技術科では患者さんから採取された血液・尿・組織などの様々な検体の検査や、心電図や脳波検査のように患者さんから直接情報を得る検査などを行っています。
約70名のスタッフで成り立っている当科は、
【1】生化学/免疫血清検査
【2】血液/一般検査
【3】輸血検査
【4】病理/細胞診検査
【5】微生物検査
【6】生理機能検査
の6つの分野に分かれており、各分野の専門的な知識をもった臨床検査技師がみなさまの検査に従事しています。

職種構成

  • 臨床検査技師
  • 医師
  • アシスタント業務
    従事者
臨床検査科

  • 24時間体制の対応
    病気の発見から治療、経過観察、どの段階においても、検査によって得られるデータは重要な情報です。休日・夜間における緊急検査にも24時間体制で対応することによって、私達は【いつでも、早く、正確な検査データ】を提供し、患者さんが安心できる医療に貢献しています。
  • 認定資格取得・チーム医療への派遣
    より信頼性の高い検査結果を提供していくため、細胞検査士や超音波検査士をはじめとする各種認定資格の取得にも力を入れているほか、検査室内の業務だけではなく、血管造影室や新生児センターなど他部門へ技師を派遣し、他職種のスタッフと協力して診療支援を実現しています。

各種認定技師

細胞検査士 7名 国際細胞検査士 5名
認定輸血検査技師 3名 I&A視察員 2名
糖尿病療養指導士 4名 認定微生物検査技師 2名
感染制御認定臨床微生物検査 2名 認定臨床化学者(JSCC) 1名
認定臨床科学・免疫化学
精度保証管理検査技師
2名 認定病理検査技師 2名
救急検査認定技師 4名 認定認知症領域検査技師 1名
認定血液検査技師 2名 緊急臨床検査士 14名
認定心電検査技師 1名 認定心電図検査技師 6名
超音波検査士(消化器領域) 3名 超音波検査士(循環器領域) 5名
超音波検査士(体表臓器領域) 1名 超音波検査士(泌尿器領域) 3名
超音波検査士(血管領域) 1名 超音波検査士(健診領域) 1名
二級臨床技術士(臨床化学) 2名 二級臨床技術士(血液学) 1名
二級臨床技術士(病理) 1名 二級臨床検査士(微生物学) 2名
一級 心電図検定 1名 分析機器・試薬アナリスト 2名
健康食品管理士 1名 心臓リハビリテーション指導士 2名
日本心エコー図学会認定専門技師 1名 POCTコーディネイター 1名
衛生工学衛生管理者 1名 第一種衛生管理者 3名
特定化学物質及び四アルキル鉛等
作業主任者
2名 有機溶剤作業主任者 1名
毒物劇物取扱者 2名 医療情報技師 2名
初級遺伝子分析科学認定士 1名 CDR認定証 1名
IBHRE認定 1名 医療安全管理者(養成コース終了) 2名

認定施設

  • 精度保証認定施設
  • 日本臨床細胞学会施設認定
  • 日本病理学会研修認定施設認定
  • 認定臨床微生物検査技師研修施設認定

組織

採血室/採尿室

採血室では、臨床検査技師が交代で毎日650人前後の患者さんの採血を行っています。採血した検体は隣の検査室へ直ちに運び、迅速に検査を行っています。2013年7月16日より1階から2階へ移動しました。採血室・中待合室ともに広くなり、より多くの患者さんに対応出来るようになりました。

生化学/免疫血清検査

生化学/免疫血清検査では、患者さんから採血した検体を遠心分離し、赤血球・白血球などの有形成分と液体成分(血清)に分けます。この血清から、肝機能や腎機能、脂質や糖代謝の機能を検査します。
また、感染症や腫瘍マーカーの検査も行っており、病気の診断や治療、病因の解明に貢献しています。

輸血検査

輸血検査室では血液型の検査をしたり、輸血する血液が患者さんに合っているものであるか調べる交差適合試験を行っています。また病院内の輸血用血液を管理しています。
血液は赤十字血液センターから供給されます。輸血を必要とする患者さんに、安全な血液を迅速に提供します。

血液検査/一般検査

血液検査では白血球・赤血球・血小板の大きさや数、白血球の分類を行います。これにより、炎症や貧血等の病態を把握できます。
また、血液を顕微鏡で観察し、形態や分類を調べることは、血液疾患の診断や治療効果の判定にとても重要な役割を果たします。
一般検査では尿を中心に、その他、髄液や穿刺液、精液等の検査を行っています。検尿では尿中の糖や蛋白等の有無や、細胞を観察して腎臓や泌尿器などの病気の有無を調べます。

病理検査/細胞診検査

病理検査は、病変部の細胞や組織の形態的変化を、肉眼的、顕微鏡的に観察し、病気の診断を行う検査で、癌の最終的な確定診断を行う重要な検査です。
細胞診検査は、尿、喀痰、婦人科擦過材料など、患者さんの負担が少ない方法で採取した細胞を顕微鏡で観察し、悪性(癌)細胞の発見を目的とする検査です。

微生物検査

微生物検査では喀痰、便、血液、尿、膿などが検査の対象(検体)になります。検体を細菌の好きな栄養を含んだ寒天に塗り広げ、微生物を目にみえる大きさまで増殖させます。発育した細菌の名前を特定し、どんな薬剤が有効かを調べる検査をします。この検査結果を参考にして、最も有効とされる薬を医師が患者さんに処方します。

生理検査

生理検査では、患者さんに様々な診断機器を装着し、心電図検査、脳波検査、心臓超音波検査、肺機能検査、神経伝導検査、 聴力検査など体の生理的現象を波形や画像として記録する検査を行っています。

また、カテーテル室や手術室など、検査室外での業務にも参入し、チーム医療の一員として活躍しています。

ページトップへ戻る