• 講座・イベント

Vol.68 AEDを知ろう! ~実践!あなたの勇気が命を救う~ 市民公開講座 開催報告

<市民公開講座 開催レポート>

 2019年5月2日(木)「AEDを知ろう!~実践!あなたの勇気が命を救う~」をテーマとして、第92回 市民公開講座を開催しました。今回は通常の開催曜日を変更したうえ、ゴールデンウィーク真っ只中の開催でしたが、29名の方にご参加いただきました。


528A6962.jpg


 講師は地域の高校生へ心肺蘇生法を講演するなど院内外で幅広く活躍する看護係長の天野米香です。講師の天野より、人命を救うために覚えて欲しいこととして ① 胸骨圧迫法、② AEDの使用方法について、お話をしました。


まず、心肺停止の判断基準としては・・・・? 

 ①呼んでもたたいても反応がないこと

 ②正常に呼吸をしていないこと

ですが、迷ったらGO!ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めましょう!  そして胸骨圧迫中にAEDが届いてからはAEDの音声をよく聞いて音声通りに行動しましょう。


 救急車を要請すると現場到着までは全国平均で約8分かかります。心肺停止になってから、約8分間で救命率が20%に低下します。この8分間で勇気を出して行動できることを参加された方々に心肺蘇生訓練用モデルとAED(デモンストレーション器)を用いて実地練習をしていただきました。


528A6990.jpg


 終了後のアンケートでは 「大変よい経験になりました。」「自分でやって見て、迷ってしましそうでしたが、やってよかったです。」「1月に地元でやってもらいとても好評でした。今後も頑張っていただきたいと思います。」「よい経験が出来ました。AEDの使い方を初めて経験しました。慌てずに出来たらと思います。」「大変よい勉強になりました。」「今まで10回以上受講していますが、素晴らしい学習が出来ました。」「AEDの学習は一度だけで無く、何回かやってください。」「AEDを実際に使ってみて、これから役立つと思うのでよかったです。」 など、多数のご意見をいただきました。


最後に人を救うための4か条として

一. 手をさしのべる勇気を持つこと

一. 大声で助けを求める勇気を持つこと

一. 倒れた人がどういう状態であるかを知ること

一. 心肺蘇生法を知ること

であると締めて、会を終了しました。


詳細はコチラ

イベント・患者教室


 次回の市民公開講座は2019年8月17日(土)に、血液・腫瘍内科医師より「血液系のがんに関する内容」の講演を予定しています。事前申し込みは不要ですので、ぜひ皆さんのお越しをお待ちしております。

ページトップへ戻る