低侵襲手術への挑戦 内視鏡手術支援ロボット『da Vinci(ダ・ヴィンチ)』

内視鏡手術で
患者さんにより負担の少ない
手術を

ロボット技術の進歩に伴い、
医療現場でもロボットを使用する場面が多くなってきました。

安城更生病院では、2021年10月より
内視鏡手術支援ロボットの新機種「ダヴィンチXi」を導入しました。
高い技術を持った医師の"ヒト"による手術と
ダヴィンチXiを用いた"ロボット"による手術を併用し、
患者さんそれぞれの病態にあわせた手術を提供します。

ダヴィンチ手術の特徴

最新のロボット技術によって、
患者さんの身体的な負担を抑えた低侵襲な手術が
可能となりました。

小さい傷口

ダヴィンチでは、1~2cmの複数の小さな穴から内視鏡カメラとロボットアームを挿入して手術を行います。

そのため、従来の開胸手術・開腹手術に比べて、体表に残る傷跡(手術跡)が小さく、手術中の出血量もおさえることができ、術後の痛みを抑え回復も早いことが特徴です。

精密な動き

ダヴィンチの4本のロボットアームは人の手首よりも可動域が広く、手ぶれ補正機能がついているため、より精密な動きを実現します。

3D HDによる高倍率視野

ダヴィンチでは、内視鏡カメラで映し出される3次元画像を高倍率に拡大することで、正確な距離感を感じながら手術を行うことができます。

適応症例(2021年10月現在)

当院でのダヴィンチ手術を希望される方は、かかりつけ医からご紹介いただくか、当院の該当診療科にご相談ください。
当院でのダヴィンチ手術は、保険適用可能な症例のみ実施いたします。
※自費による自由診療は行っておりません。

診療科 適応症例
外科 胃がん
呼吸器外科 肺がん
泌尿器科 前立腺がん・腎がん
産婦人科 子宮全摘術

当院のがん治療について詳しくはこちら

がん診療センター

専門スタッフのご紹介

ダヴィンチは、訓練を受けた医師のみが操作できます。
当院には5名の医師が在籍し、ダヴィンチの手術にあたります。

ダヴィンチ執刀医と、
それを支える手術センタースタッフ

内視鏡手術支援ロボット
ダヴィンチのご紹介

ダヴィンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。
高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。

Patient Cartペイシェントカート
(ロボットアーム部)

4本のロボットアームと内視鏡カメラを体表の1~2cmの小さな穴から体内に挿入し、手術を行います。

ペイシェントカート(ロボットアーム部)

Vision Cartビジョンカート
(助手・看護師用モニタ部)

モニタに内視鏡カメラの映像が映し出され、その映像を見ながらアームの向きや機器の調整を行います。

ビジョンカート(助手・看護師用モニタ部)

Surgeon Consoleサージョンコンソール
(操作部)

ロボットアームを操作するコントローラーと、術者が術中映像を確認する3Dモニタが設置されています。
コントローラーを通じて術者の手の動きが4本のロボットアームに伝わります。

また当院が導入した最新のダヴィンチには、サージョンコンソールが2台あるため、2人の医師が手術中に共同で操作ができます。

サージョンコンソール(操作部)

コントローラーを使いロボットアームを遠隔操作します

執刀医は3Dモニタを見ながら操作を行います

手術をご希望の方へ

かかりつけの医師とご相談のうえ、
当院の医療連携室を通じてご予約をお願いします。
または当院を受診中の方は主治医にご相談ください。

地域連携室

ページトップへ戻る