Feature

当センターの特徴

総合病院の併設施設

安城更生病院の併設施設であり、診療情報の共有がスムーズです。病院との併設施設ならではの総合力を活かし、健診で異常があった場合、専門医による迅速かつ的確な治療を受けることが可能です。日本人の2人に1人が「がん」になると言われている時代です。安城更生病院は、地域がん診療連携拠点病院として、「外科療法」「化学療法」「放射線治療」の3大療法で十分な実績があり、ダヴィンチやサイバーナイフ等の治療もできます。また、検診によってがんの早期発見・早期治療をサポートします。

豊富な検査項目

人間ドックに追加可能なオプションメニューが豊富にあります。また、各臓器に特化した検査を行う専門ドックもあり、自分に合った検査を選択することが可能です。

おすすめの検査はこちら

適切な健康生活のサポート

健診当日に血液・尿の検査結果を中心に、医師よる説明、保健師・管理栄養士による特定保健指導や健康相談を行います。個別性に応じた健康の維持・増進のための生活を支援いたします。
※対象者のみ実施

特定保健指導については
こちら

女性限定のエリア

女性特有の検査を受ける際に、男性の目が気にならないように、女性専用待合を用意しました。通常の待合とスペースを区切っており、プライバシーを配慮した設計になっています。マンモグラフィ、乳腺エコー検査は女性技師が担当します。

ホテルライクな空間

落ち着いた配色、照明等によりホテルライクな空間を演出しております。受診者さんに配慮した構造となり、より快適に健診を受けていただくことができます。

Support

受診後のサポート

  1. 01.医師の診察・説明

    当日の採血、採尿結果を中心に医師による説明を行います。

    検査項目の説明
  2. 02.健康診断結果報告

    健診受診日から約2週間後に『健康診断結果報告書』を発送します。健診は、がんの早期発見や生活習慣病の早期是正に繋げることが大切なため、結果報告書の内容をご確認ください。判定がD1(要治療)・D2(要精密検査)の方は二次受診(治療又は精密検査)が必要となりますので、下記をご参照ください。

  3. 03.二次受診

    健診結果の判定がD1(要治療)・D2(要精密検査)の方は、『要治療・要精密検査と判定された方へ』が同封されています。記載してある診療科に受診していただきますようにお願いいたします。当院で専門科の診察予約が可能ですので、ご希望の方はご連絡ください。また、『二次受診の依頼について』が同封されている方は、受診時に『健康診断結果報告書』と共に医療機関へご提示ください。

    『要治療・要精密検査と判定された方へ』 二次受診の依頼について

保健事業部長挨拶

Greeting

保健事業部長挨拶

安城更生病院健康管理センターは、2021年12月20日より「予防医療センター」として南棟にリニューアルオープンしました。県内初となるMRIを用いた無痛乳がんドックや、発見が難しい肝臓、膵臓疾患の専門ドックなど、新しいメニューもご用意しました。病院に併設した健診施設であるため、万が一異常が見つかった場合にも専門科へのスムーズな受診が可能です。地域の皆さまから喜んで頂けるような質の高い、安心安全で、心のこもった健診を提供していくことができるように、職員一同、努力してまいります。

"For better your health, for better your life"

皆さまの明日の健康、これからの幸せのために、ぜひ一度新しい予防医療センターにいらしてください。心よりお待ちしています。

保健事業部長 竹内真実子

Doctor

医師紹介

竹内 真実子(たけうち まみこ)

出身大学
福井医科大H4年
役職名
保健事業部部長消化器センター長院長補佐
専門領域
肝・消化器一般

江畑 美恵子(えばた みえこ)

出身大学
名古屋大学H2年
役職名
予防医療センター長

近藤 國和(こんどう くにかず)

出身大学
宮崎医科大S59年
役職名
副院長
医療情報部長
内分泌・糖尿病センター長
専門領域
内分泌糖尿病代謝疾患

横井 武(よこい たけし)

出身大学
東京医科大学S44年
役職名
医員

細井 努(ほそい つとむ)

出身大学
名古屋大学H3年
役職名
検体検査管理部長

人間ドック・専門ドックの ご予約はこちらから

RESERVE

Web予約 24時間受付中

Web予約取得方法はこちら