薬剤部 教育・実習について

トップ > 診療科・部門 > 教育・実習について

新人教育プログラム

患者さんや医療スタッフから信頼され、求められる薬剤師を目指し教育しています。新人一人ひとりにペア薬剤師(1~2年上の先輩)と指導薬剤師(中堅)がつき、きめ細かな指導をしています。下記のように教育スケジュールを立て、個別に目標を立てながら成長していきます。2年目以降も若手薬剤師が業務改善や調査研究などの取り組みを計画、実施、評価し報告できるよう育成することを目的として、薬剤部内で6つに分けた啓発グループの中で指導に取り組んでいます。

教育プログラムの一例(ステップアップ例)

時期 業務、研修内容
初期 調剤業務(錠剤、水剤、散剤、一包化調剤など)TPN調製
4ヶ月頃~ 抗がん剤調製、製剤
1年頃 医薬品情報業務
2~3年以降 病棟業務、学会発表など

先輩からのメッセージ

  • 困った時にペア薬剤師や指導薬剤師に相談できるので心強かったです。
  • スケジュールがしっかり決まっていて、目標を立てて取り組んだので頑張れました。

新人と指導薬剤師

薬剤部実務実習

1.早期体験学習

名城大学薬学部1年の学生の薬学部早期体験学習の受け入れを行っています。調剤、院内全体、病棟での薬剤師の業務を見学した後、1日を振り返り、情報共有をしています。

2.薬学部実務実習

当院の実務実習は、薬剤部内のみならず、他部署の見学や訪問診療への同行なども行っています。そのため、実習を通じて薬剤師の職能やチーム医療について理解を深めることができる内容になっています。学生が自ら体験し、考え、自分に必要なことは何かということに気づいていくことを重視し、それをサポートする気持ちで取り組んでいます。DI実習をはじめスモールグループディスカッションを多く取り入れており、指導薬剤師からのアドバイスだけでなく、一緒に実習している仲間の意見からもいろいろな視点や考え、介入方法などを学ぶことができます。

先輩からのメッセージ

  • 実習内容が充実していて、とても勉強になりました。特に訪問診療は貴重な体験でした。
  • 若い薬剤師の方が意欲的に取り組まれている姿を見て、自分も頑張ろうと思いました。
  • 専用の部屋や机が用意されており、環境がよく優しく指導してもらえました。
  • 一緒に実習をする学生数が多いので、実習中も沢山の交流がありとても楽しかったです。

高齢者がインスリンを打つことを想定した体験

オペ見学

感染対策

中心静脈栄養の調製

グループディスカッション風景

3.アドバンスト実習

名城大学の5年次の長期実務実習の後に臨床で求められる実践的な知識・技能・態度を身に付けるために設置された「アドバンストコース」の受け入れを行っています。指導薬剤師と一緒に臨床研究に取り組むことで、臨床研究の取り組み方を学び、また深い知識の習得方法を身に付けていきます。

その他の研修

小児薬物療法認定薬剤師研修

当院は小児薬物療法認定薬剤師新規認定取得のための必須実務研修を行う実務研修施設に登録されています。年5-6回、各2名(計12名程度)の受け入れを行っており、病院薬剤師だけでなく、薬局薬剤師も数多く研修に参加されています。

研修時間が短いことから、小児医療センター、新生児センター(NICU、GCU)の見学がメインとなりますが、他施設薬剤師との情報交換の機会にもなるようプログラムを作成しています。

小児医療センターにて医師の回診に同行

新生児センターにてNICUのラウンドに同行

がん専門薬剤師研修

当院は、日本医療薬学会がん専門薬剤師研修(5年研修)、日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修(3ヶ月研修)の研修施設です。一般的な薬剤に関する薬理学的知識や基本的な病態を理解し、がんの病態、標準治療、薬物動態、副作用対策などがん薬物療法のスペシャリストとしてその使命が発揮できる人材を養成するために薬剤部全スタッフがサポートしています。

医師の講義風景

その他の研修受け入れ

  • 日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修
  • 日本臨床薬理学会認定薬剤師制度研修

専門・認定薬剤師

認定一覧はこちらをご覧ください

小児薬物療法認定薬剤師からのメッセージ

添付文書に小児薬用量が記載されていない医薬品は多いです。そのため、薬理学と小児の成長発達を考慮し、薬物動態を考えながら、書籍・文献等を参考に医師と協議し安全かつ有効な薬物治療を目指して業務を行っています。

日本医療薬学会がん専門薬剤師からのメッセージ

がん医療は日々、新しい治療法や新しい薬が開発されています。薬物療法について幅広い知識と実務経験が必要とされる資格ですが、その分やりがいがある仕事です。患者さんからの「ありがとう」という言葉が何より励みになります。

感染制御専門薬剤師からのメッセージ

抗菌薬や消毒薬などの知識を基に、院内における感染症治療や療養環境における感染対策を行います。実際にはICT(インフェクションコントロールチーム)という多職種から構成される専門チームの中で、薬剤師としての職能を発揮しています。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師からのメッセージ

女性薬剤師が多い資格です。出産、授乳、育児の経験が指導に生かせるというメリットもあります。限られた情報を有効に活用し、妊婦と胎児、授乳婦と母乳を飲む乳児といつも二人分の影響に配慮しながら取り組んでいます。

緩和薬物療法認定薬剤師からのメッセージ

当院には緩和薬物療法認定薬剤師が2名います。緩和ケアチーム回診に同行したり、外来患者さんに対してオピオイドの服薬支援や薬物モニタリングを行ったりしています。当院では入院から外来まで幅広いフィールドで活動できます。

糖尿病療養指導士からのメッセージ

糖尿病に関する幅広い知識をもって患者さんのセルフケアを支援する役割があります。糖尿病教育入院に限らず他疾患での入院においても、糖尿病のコントロールに問題がある患者さんが糖尿病について考えるきっかけとなるような支援を心がけています。

ページトップへ戻る