TAVI Transcatheter Aortic Valve Implantation 経皮的大動脈弁植え込み術

当院は西三河地区で初めてTAVI実施施設に認定されました。

大動脈弁狭窄症について

心臓は左右の心室と左右の心房という四つの部屋でできて、全身に血液を送る仕事をしています。

四つの部屋はそれぞれ役割を持っていますが、全身に血液を送るポンプの仕事をしているのは左心室です。左心室から大動脈に血液が送られて、全身に血液が行き渡ります。左心室と大動脈の間にある扉(弁)が大動脈弁です。心臓にはその他に三尖弁・肺動脈弁・僧帽弁がありますが、この大動脈弁が最も重要な弁です。

大動脈弁の開き具合が悪くなるのが大動脈弁狭窄症です。

大動脈弁は開いたり閉じたりして全身に血液を送る手伝いをしているのですが、開きが悪くなることによって血液の通り道が狭くなってしまうのです。

そのために心臓の負担が増えてしまい、動悸・ 息切れ・胸痛・失神などといった症状を起こすようになります。

TAVIとは?

大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法です。TAVIは、transcatheter aortic valve implantation の略で、経カテーテル大動脈弁植え込み術という新しい治療方法です。折りたたまれた人工弁をカテーテルという細い管に載せ、 悪くなった大動脈弁まで運び広げます。この治療法は、傷は小さく済み、心臓を止めることなく治療が可能となります。患者さんへの負担が小さくなり、入院期間を短く見込むことができます。

ただし、あくまで通常の胸を開く手術が標準治療であり、標準治療が困難と予想される時のみ、TAVIが適応となります。

ハートチーム・設備について

このTAVIは、循環器内科医、心臓血管外科医を中心に、麻酔科医、臨床工学技士、放射線技師、看護師、理学療法士などで結成された「ハートチーム」によって行われます。また、「ハイブリッド手術室」と呼ばれる血管撮影装置が設置された特別な手術室で行われる、高度で最新鋭な医療技術です。

ハートチームで行うTAVI

ハイブリット手術室(手術室 全12室)

手術をご希望の方へ

かかりつけの先生とご相談のうえ、当院の医療連携室を通じてご予約をお願いします。

または当院の循環器内科受診時に医師にご相談ください。

ページトップへ戻る