研修医(初期臨床研修) メッセージ

トップ > TOPICS > 医学生・学生の方へ > メッセージ

臨床研修委員長メッセージ

臨床研修委員会 委員長
新井 利幸

充実した指導体制でバックアップします。

当院には約200名の医師がいます。その約半分が初期研修医と専攻医(後期研修医)です。若い医師の活気と明るさが当院全体の雰囲気をつくっているといっても過言ではありません。当院は、昭和49年から2年間のスーパーローテート研修を行っており、研修医を病院全体で育てようという雰囲気があります。また、救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター、地域医療支援病院などの高次機能を担いながらもプライマリーケアを自主的に実践できる環境があります。しかし、当院のもっとも特徴的なところは、初期研修で実力をつけた医師のほとんどが専攻医として当院に残り、病院を支える原動力になって、忙しいながらもやりがいのある活躍をしてくれていることだと思います。逆に言えば、チーム医療のリーダーとして、後輩医師の指導者としての素養を初期研修の間に身に着けなくてはならないということです。

実際、当院の研修を終えた医師達が、大学病院やその他の専門施設でさらに臨床能力を高め、あるいはアカデミックな環境を経験し、指導医として当院に戻ってきてくれています。当院の臨床研修の魅力は、その研修プログラムというよりも、屋根瓦方式で人間味あふれた人的資源にあると思っています。

LINKED 病院を知ろう

先輩メッセージ

  • 私が研修先として安城更生病院を選んだ理由は、病院全体の温かい雰囲気や、丁寧な指導を受けられるところに魅力を感じたからです。2年次の先生方も優しい先輩ばかりですし、やる気溢れる同期とともに研修生活を送れることを嬉しく思っています!また、充実した環境で研修できることはもちろんのこと、食堂のごはんがおいしいこと、楽しい寮生活を送れることもオススメです。皆さんも安城更生病院で一緒に研修しませんか?是非見学に来て、当院の雰囲気を感じてみてください。お待ちしています!

    研修医1年次 三重大学卒 S.T

  • 安城更生病院はあいさつが飛び交う明るい雰囲気に包まれ、病院全体を挙げて新人を育成しているところが魅力です。実際の研修も、全職種合同で社会人としての基礎から学ぶところから始まるので、安心ですし刺激になります!ここでの生活は始まったばかりですが、楽しく教育熱心な先輩方・様々な大学から集まるモチベーションの高い同期たちと出会い、安城更生病院を選んでよかったと感じています。安城って田舎でしょ?嫌だなあ...というそこのあなた!勿体ないです。ぜひ一度見学に来て、直接良さを感じていただきたいです。お待ちしています!

    研修医1年次 名古屋市立大学卒 D.S

  • 安城更生病院で初期研修を始めて早1年、ほぼ全ての診療科をローテートさせていただきましたが、どの科の先生方も熱心に指導してくださり、新しい科を回る度に知識や出来ることが増えて、楽しく充実した1年間を過ごすことができました。まだまだ知識も経験も足りず失敗することも多い毎日ですが、それでもモチベーション高く日々頑張れるのは、優しく教えてくださる上級医の先生方、切磋琢磨できる同期、そして温かいスタッフの皆様のおかげだと思います。研修病院を悩んでいる方はぜひ一度見学に来てみてください。お待ちしています♪

    研修医2年次 名古屋大学卒 S.Y

  • 安城更生病院で働き始めて、あっという間に1年が過ぎました。僕がこの病院を初めて訪れたのは大学5年生の春。人生初めての病院見学で極度に緊張していた僕を温かい笑顔で迎えてくださった病院スタッフの皆さん、忙しくも生き生きと働いている先生方に出会い、この病院で自分も働きたいという気持ちになりました。後悔のない病院選びをするためのコツは自分の"ここは譲れない"を実現できる病院を探し出すことです。当院はそんな学生さん一人一人のニーズに応えることのできる病院だと思います。是非一度見学に来てみてください!

    研修医2年次 福井大学 M.S

研修医生活の1年

4月 辞令交付式

院長より研修医一人ひとりに手渡され、新たな一歩を踏み出します。

4月 新入職員オリエンテーション

毎年3日間をかけて、全職種合同のオリエンテーションを行います。

4月 研修医歓迎会

先輩研修医や上級医がたくさん集まり、新研修医を歓迎します。

5月 東海北陸地区臨床研修病院合同説明会(名古屋)

研修医募集のために、研修医が当院の研修の特徴や魅力を説明します。

7月 レジナビ

研修医募集のために、名古屋同様、大阪・東京の説明会にも出展します。

8月 研修医採用試験

先輩研修医が当日お手伝いで参加、面接の緊張をほぐしてくれます。

10月 防災訓練

本番さながらの大規模な災害訓練に、研修医も参加し第一線で活躍します。

12月 クリスマス会

毎年研修医が素敵なパフォーマンスを見せてくれます。

3月 研修医修了式

2年間の研修期間が修了し、ほとんどの研修医がそのまま当院の後期研修に進みます。

その他

毎週火曜日 早朝救急症例検討会
毎週火曜日の朝7時から、救急の症例検討会を開催しています。

第1・3土曜日 研修医勉強会
毎月、有土(第1・3土曜日)の午前中に勉強会を開催しています。

研修医お誕生日会
研修医みんな仲がよいので、毎月のようにお誕生日会を開催しています。

研修医生活の1日

循環器内科ローテの1日

7:30 出勤

敷地内にある研修医寮から出勤!
白衣に身を通し、今日も研修が始まります。

8:00 回診

担当患者さんの元へ行き、状態を確認します。

8:30 検査

午前中はカテーテル室にて検査を実施。指導医の先生の補助や、穿刺などの手技を経験させていただけます。
先生方も快く質問に答えてくださるので、ついつい沢山質問してしまいます。

12:00 昼食

指導医の先生方とともに食堂へ。
仕事のことは一旦忘れて、和気あいあいとみんなでLunch♪

17:00 回診

午後からは検査を行ったり、曜日によっては心臓リハビリの問診を担当させていただくこともあります。
間の時間で救急外来から連絡が入れば、指導医の先生と一緒に救急外来へ行き、入院手続きを行ったり、検査・治療方針を一緒に考えます。

17:00 回診

担当患者さんの状態をもう一度確認に行きます。自由に使えるエコーがあるので、積極的にエコーを当てています。

18:30 帰宅

カンファ等で遅くなることもありますが、時間が合えば同期や先輩方と食事に出かけたりします。
同期とは毎月誕生日会をするほど仲が良く、時にライバルとして切磋琢磨できる大切な仲間です。

ここがポイント

  • 若手の先生が多い
  • 雰囲気が良く、相談しやすい
  • 手技を数多く経験できる
  • 心筋梗塞などの症例にも、ERで自信を持って対応できるようになる

外科ローテの1日

7:00 採血

7:30 回診

指導医の先生と一緒に受け持ちの患者さんに会いに行き、その日の状態を確かめます。

8:00 チームカンファ

担当患者さんについてプレゼンを行い、治療方針の決定などを行います。
若手だけの小チームカンファなので気軽に相談できることも魅力の一つです。

9:30 病棟回診(総回診)

朝一からのOpeがなければ、指導医や上級医の先生について病棟回診を行います。
指導医や上級医の先生方から直接診察や術後管理のポイントを教えていただける貴重な機会です。
担当の患者さん以外にも多くの患者さんや疾患に触れられるため、大変勉強になります。

12:00 昼カンファ

午前中の回診の報告がメインのカンファレンス。問題症例について毎日相談ができ、その都度疑問を解決できます。

13:00 Ope

処置や手技は"習うより慣れろ"
多くの経験が、自分のスキルアップにつながります。

16:00 検査

処置や手技は"習うより慣れろ"
多くの経験が、自分のスキルアップにつながります。

17:00 カンファ

消化器内科との合同カンファもあり、科の垣根を越えて患者さんのために熱く話し合います。
空いた時間は研修医室や図書室を利用して自分の勉強の時間に当てることも。若手の先生方が研修医室で一緒に電子カルテを見てくださるのは非常に心強いです。

ここがポイント

  • 多岐にわたる幅広い症例数・豊富な経験数
  • 若手がたくさん手術に参加できる
  • 指導医の先生方が優しくて教育的
  • 学会発表の機会を多く与えてくださる
ページトップへ戻る