地域がん診療連携拠点病院

トップ > 地域がん診療連携拠点病院

安城更生病院は、地域がん診療連携拠点病院として、
がん治療に取り組んでいます。

がん診療連携拠点病院とは平成19年(2007)4月施行のがん対策基本法の理念に基づき、全国どこでも質の高いがんの専門治療が受けられるように、二次医療圏ごとに厚生労働大臣が指定した医療機関のことです。当院は、地域がん診療連携拠点病院として、西三河南部西医療圏の拠点病院に指定されています。

今後とも地域の医療機関と緊密な連携を図り、がんの専門的医療を提供するとともに、患者さんのがんに関するご相談体制及び、職員・地域医療従事者に対する教育を充実させていきます。

Role1 手術、治療、緩和ケアなど、
専門的かつ包括的ながん診療の提供

通院治療センター

がんの患者さんが日常生活を送りながら治療を継続することを可能にするために設置されました。安全かつ快適に治療を受けられるように、環境やスタッフを揃えています。

放射線治療

高度な医療機器と専門的な知識を持つスタッフを揃え、がん細胞だけに最大の効果を発揮できるように照射法を工夫して治療をしています。

PET-CT

PET-CTは、PET検査とCT検査を同時に行うことができる最新の画像診断装置です。容易に診断画像を重ね合わせた画像を作成することができ、がんの早期発見などに活用されています。

院内がん登録

厚生労働省の標準登録形式に基づいて、院内のがん情報をデータ登録しています。ここで登録された情報は、全国の研究や教育に活用され、がん治療にフィードバックされます。

緩和ケア 緩和医療センター

がん治療にあわせ、患者さんの心身の苦痛を和らげるため、平成14年に別棟で全室個室の緩和ケア病棟(現:緩和医療センター)17床を設立しました。

緩和ケア 症状緩和チーム

医師、看護師、薬剤師、心理士等から構成されていて、入院中の患者さんに対し治療初期段階からの緩和ケアの実施に努めています。

専門看護師・認定看護師

日本看護協会の認定審査に合格した人に与えられる職名です。がん治療も高度・専門分化が進み、より一層の看護の質が問われます。当院でも専門スタッフを育成し、より高度で安全な医療の提供に取り組んでいます。

関係統計指標

クリニカルインディケーター(臨床指標)とは、病院の機能や診療の状況などについて、様々な指標を用いて具体的な数値として示したものです。指標を分析し、改善を促すことにより、医療の質の向上を図るとともに、患者さんにとって分かりやすい医療情報を提供することを目的としています。

Role2 地域のがん診療連携協力体制の構築

西三河がんフォーラム

西三河南部を中心としたがんに関わる医療を提供している医療機関の医療従事者を対象に、早期診断や緩和ケア等に関する研修会を実施しています。年2回の研修会には、数多くの方が出席します。

愛知県がん診療連携拠点病院一覧

Role3 がん患者さんへの相談支援および情報提供

がん相談支援室(がん相談支援センター)

がん患者さんやそのご家族の方の「病気についての疑問」や「不安・心配事」について、主に国立がんセンターでがん相談の研修を修了した相談員が窓口となりご相談をお受けします。

市民公開講座(地域住民向け講演会)

普及啓発・情報提供事業として市民向けの公開講座を開催しています。
開催日は、毎月第3土曜日 10:00~11:00です。

がん談和会

がん患者やその家族が心の悩みや体験などを語り合うための場として設けられました。
開催日は、毎月第3土曜日 11:15~12:15です。

ピアサポートサロン

がんを体験したことのあるピアサポーターが、がん患者さんやご家族をサポートする活動です。
開催日は、毎月第2金曜日 10:00~12:00です。

社会保険労務士によるがん患者就労相談会

愛知県社会保険労務士会と協力して行う、社会保険労務士によるがん患者の就労相談会です。
開催日は、毎月第2金曜日 10:00~12:00です。

ページトップへ戻る