薬剤部

トップ > 診療科・部門 > 薬剤部

薬剤部についてご紹介します。

薬剤部について

薬剤部は、薬剤や医療材料などを扱う専門の部門です。

それぞれの係が高い専門性を持ち、お互い連携し補完しあって安全で安心できる薬剤およびその薬物療法を提供しています。

また、医師、看護師、管理栄養士など他の部門と協力し合ってチーム医療を展開しています。

職種構成

  • 薬剤師
  • 看護師
  • 事務

LINKED 病院を知ろう

わたしたちは、くすりを通じて安心・安全・信頼の医療を提供します。

認定施設

  • 日本病院薬剤師会がん専門薬剤師研修事業暫定認定研修施設
  • 日本臨床薬理学会認定薬剤師制度研修施設
  • 日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設
  • 日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
  • 日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修事業研修施設
  • 日本薬剤師研修センター実務研修受入施設

各種認定薬剤師

日本医療薬学会 認定薬剤師 5名 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 2名
日本医療薬学会 指導薬剤師 4名 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 2名
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 2名 日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
日本臨床薬理学会 認定・指導薬剤師 1名 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 2名
日本臨床薬理学会 認定CRC 2名 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 23名 日本糖尿病療法指導士認定機構 糖尿病療養指導士 1名
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師 1名 日本医療情報学会 医療情報技師 2名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 7名 日本静脈栄養学会NST専門療法士 1名
日本病院薬剤師会 実務実習指導薬剤師 1名 日本麻酔科学会 周術期管理チーム認定薬剤師 2名

組織

調剤係

調剤係では、医師の処方に従い、内服薬、外用薬およびご自宅等で使われる注射薬の調剤を行っています。

医師が電子カルテで処方をすると、調剤システムにより薬の量、飲み合わせ、他の科の薬との重複などがチェックされた後に処方せんが発行されます。薬剤師は薬の量、飲み方などを更に確認してから調剤を行います。医師の指示や薬によっては、散薬や錠剤を1回分ずつパックすることもあります。調剤された薬は、別の薬剤師が再度すべての項目を確認し、患者さんにお渡しする薬が出来上がります。

薬をお渡しする窓口では、患者さんからの薬に関するご質問なども伺っておりますので気軽にお尋ねください。

製剤係

製剤係では、院内製剤を調製しています。院内製剤には、院内で決められた処方にしたがって調製するものと、製薬メーカーから市販されていないが治療上必要な薬を調製するものとがあり、内服用シロップ薬、軟膏、点眼薬、坐薬、消毒薬および注射薬があります。点眼薬、注射薬は無菌室のクリーンベンチ内で調製しています。

薬剤調製係

当院の抗がん剤調製は、入院・外来ともに通院治療センター内の薬剤調製室で一元的に管理しています。トレーニングを受けたスタッフが正確かつ安全に抗がん剤を調製しています。薬剤師の知識を活かして、調製だけではなく患者さんが安心して治療を受けられるように抗がん剤の治療計画(使用薬剤の種類や投与量、スケジュール)の妥当性評価や副作用を軽減する処方の提案、検査値などの確認を行っています。さらに、患者さんやご家族に副作用歴や併用薬を確認するとともに、薬の働きや副作用(特に自宅へ帰ってから注意しなければならない副作用)などを説明しています。

試験検査係

薬は効果や副作用の現れ方に個人差があります。その違いは、薬の吸収・分布・代謝・排泄の各過程における個人差により説明できることもあります。例えば、抗真菌薬のボリコナゾールの代謝酵素は東洋人では約20%に肝蔵での代謝酵素に違いがみられます。代謝能が低い患者さんでは血中濃度が高くなり副作用が強くでることが懸念され、血中濃度の個人差について研究に取り組みました。また、抗てんかん薬であるレベチラセタムは多くが未変化体として腎臓から排泄されます。この薬のより効果的な投与設計を目的として、腎機能と血中濃度の関係についても研究を行っています。このように、薬剤師目線の臨床疑問を研究テーマとし、効果の評価および副作用の軽減に貢献できるように研究を行っています。

医薬情報係

安全かつ有効な薬物治療を患者さんへ提供するために必要な医薬品情報を、医師、看護師、薬剤師をはじめとする医療スタッフへ提供しています。主な業務は、医薬品に関連する問い合わせ対応、医薬品情報の収集・整理・周知、院内副作用発生状況の収集などです。また、医薬品の採用など医薬品に関する審議を行う薬事審議委員会の事務局も兼ねており、審議や適正使用に関する資料を作成しています。毎月発行している情報誌「薬剤科情報」や副作用関連のマスコミ報道などは、近隣の連携医院や連携薬局にも速やかに情報提供しています。

治験係(臨床研究管理室)

薬の開発や当院の職員が実施する臨床研究について、国が定めたルールに従い、安全かつ適正に実施できるようにサポートをしています。薬剤師、看護師、事務員が協力して、専門的知識を生かした業務を行い、病院スタッフとともに患者さんへ未来の医療が提供できるように取り組んでいます。

主な業務

  • 治験・製造販売後臨床試験・製造販売後調査・臨床研究に関わる手続き
  • 治験審査委員会事務局・治験事務局の運営
  • 治験・臨床研究のサポートなど

詳しくご覧になりたい方はこちらをご覧ください。臨床研究・治験

病棟業務係

当院には各階に薬剤師が常駐する病棟情報室があり、ここを拠点に、患者さんに適切な薬物治療が行われ、かつ患者さんに安心してお薬を使用していただけるよう活動しています。 業務内容としては患者さんへの薬の説明や、薬の投与量やスケジュール、薬どうしの相互作用等様々なことを確認しています。また、医療従事者へは医薬品が適正に使用できるよう情報提供を行ったり、患者さんの情報を共有したりとチーム医療の一員としての職責を果たしています。

薬品供給係

医薬品をはじめ院内で使用する検査試薬、医療材料、事務日用品を取り扱う部署です。薬剤などの使用状況や発注、納品、供給を物流システムにより一元的かつ効率的に管理しています。新たに注射薬を個人セットする機器(アンプルピッカー)を更新し患者さんの注射薬調剤を実施することで適正使用に努めています。

外来指導係

外来における薬物治療が効果的かつ安全に実施できるよう、薬剤師による面談・説明を行い医師との情報共有を図ることで診療に貢献しています。

現在は以下の領域に関する薬剤(器機)に対して支援業務を実施しています。

  • 自己血糖測定器
  • 喘息吸入薬
  • 経口抗癌剤
  • 経口オピオイド製剤
  • 妊婦授乳婦が使用する薬剤
  • 抗パーキンソン病薬
  • 抗結核薬
  • 抗HIV薬
  • 手術を予定されている患者さんの薬剤

医療関係者の方へ

当院では薬薬連携の一環として、地域の薬局関係者向けに専用サイトを開設しております。 専用サイトへのアクセスには、ID・パスワードが必要です。当サイトの閲覧を希望される場合は、下記の通りお申込みください。

薬局関係者専用サイト

薬剤関連情報

  • 安城更生病院 検査・処置・手術を行う際の休薬規約
  • 安城更生病院採用薬一覧

緊急連絡

  • 医薬品に関するマスコミ報道の中で主に安全性に係る内容

薬剤科情報

  • 当院の薬事審議委員会の審議結果
  • 添付文書改訂情報(当院採用品目に限る)
  • 医薬品・医療機器等安全性情報
サイト利用お申込み
  1. ①「薬局関係者専用サイト利用申込書」をダウンロード
  2. ②必要事項をご記入のうえ、下記の宛先へFAX

    安城更生病院 中央医薬情報室
    0566-75-1479
  3. ③申し込み内容が確認でき次第、ID・パスワードを返信いたします。
ページトップへ戻る