教育研修・臨床研究支援センター 職員教育

トップ > 診療科・部門 > 教育研修・臨床研究支援センター > 職員教育

当院には、職員教育を担当する教育研修委員会があり、「基本理念ならびに基本方針」に基づき、全職員に共通して考えられる教育、研修について体制、計画の立案・実施・結果の評価などを行い、より高度なチーム医療の構築を目指しています。委員会では新入職員オリエンテーション部会と生涯教育部会に分かれ研修会等を開催しています。

新入職員オリエンテーション

新入職員が素早く自院に慣れることがとても重要です。我々は彼らの不安を払しょくし、効果的で実践的な新入職員オリエンテーションを実施しています。

  • 社会人としての心得
  • 組織人としての仕事のすすめ方
  • 医療人としてのプロ意識教育

上記のことを基本として新人職員が早く職場に慣れるよう、3日間の集中オリエンテーションプログラムを組み立てています。ここで活躍するのが「リファレンスガイド(新入職員研修テキスト)」です。目的と目標を明確に して、新入職員に「これだけは覚えてほしい」という内容が盛り込まれています。また、誰から見ても新人と分かるように新人職員のネームストラップの色を緑と定め、丁寧な説明や声かけを病院全体で心がけるようにしました。

生涯教育

  • 医療における専門職業人としての継続的な自己研鑽の支援
  • 時代に即した情報の提供
  • チーム医療の強化(組織人・医療人)

以上の目的を踏まえ、様々な研修会が院内で開催されています。

学術交流会

職員の情報共有やチーム医療の強化を図ることを目的に院内学術交流会を開催しています。この会では、職員が学会等で発表した内容のポスター展示や口演発表、部署・委員会等の紹介としてブース展示を行い、多職種との交流が持てるよう運営しています。

シミュレーション

安城更生病院では高度化し続ける医療に対し安全な医療が地域住民の皆様に提供できるように、職員の教育体制について日々検討を重ねています。その教育方法として職種を問わず、新人職員や中途採用者、現任職員に対しシミュレーターを用いた教育を計画・実施しています。シミュレーターは集合教育後でも、個人のペースに合わせて納得いくまで学習ができる利点がある事や、実際の患者症例を想定し対応する事で、そこから必要な知識・観察力・判断力・実行力がつきフィジカルアセスメント能力の向上や医療チームの一員としてチームワークを身につけ、知識を実践力に変換させる事ができる利点があります。小規模ではありますが、シミュレーションラボも準備しました。今後も職員が利用しやすい体制をとり、自己研鑽に役立つようにしていきたいと考えています。

ページトップへ戻る