事務部

トップ > 診療科・部門 > 事務部

事務部についてご紹介します。

事務部について

事務部(事務職員)は、医事課・総務課・施設課・企画室など事務職員で構成されるセクション以外にも、介護老人保健施設や薬剤部、健康管理センターなど院内の様々な部門に関わっています。事務職員は約150名在籍しており、病院の顔ともいえる受付業務や、病院運営に関わる各種プロジェクトの立案など仕事の幅は多種多様です。私たちは、医療専門職の職員が十分に能力を発揮できるよう、患者さんと職員、そして職員同士を繋ぐ懸け橋となれるよう、縁の下の力持ちとして病院経営を支えています。

組織

総務課

職員の採用から退職に至るまでの各種手続きや給与算定、福利厚生などを行う庶務係とお金の流れを管理して病院の活動を数字で表す経理係に分かれて業務を行っています。

施設課

医療機器の購入や保守管理や電気・ガス・水道などのライフラインの管理、廃棄物の適正処理を担当しています。また、災害拠点病院としての役割を果たすため、行政や他の医療機関と協力し、万が一の事態に備えています。

医事課

新たに来院した患者さんの登録や外来・入院の受付、会計請求、診療報酬明細書の作成などを行っています。また、医師事務作業補助者として各種文書の作成に携わるなど、医師の業務負担軽減に貢献しています。

企画室

将来の病院のあるべき姿を考え、病院運営に関わる各種計画を作成し、それを具現化するための筋道を立てる役割を担っています。また、広報活動を通じて病院の情報を内外に発信しています。

その他院内多くの部署で働くスタッフたち

院内のあらゆる部署で活躍しています。

(医療情報室、教育研修・臨床研究支援センター、地域連携室、健康管理センター、薬剤部、栄養科、手術室、医療安全管理室介護老人保健施設あおみ など)

ページトップへ戻る