安城更生病院 看護部

トップ > 診療科・部門 > 看護部 > 教育体制のご紹介

教育体制のご紹介

教育理念

  • 安城更生病院及び看護部理念に基づき、最高の看護を提供できる看護師を育成する
  • 専門職業人として主体的な成長発達を支援するための教育環境を整える

教育目的・目標

教育体制(クリニカルラダー)を整え、個々が自らの課題に取り組み効果的な人材育成を図る

  1. 看護者の倫理綱領に基づいた、専門職業人としての行動ができるように育成する
  2. 教育プログラムに基づいた段階的発達ができるように育成する
  3. 共に育つ(教育=共育)行動がとれるよう育成する

キャリア開発

皆さんは自己のキャリア開発をデザインし、組織は個々のキャリアニーズに対し支援します。

個人のキャリア将来なりたい自分になろうとすること

  1. 1.自己育成計画:自分で自らの魅力を高めていく
  2. 2.目標を明確にしてキャリアアップしていく
  3. 3.看護専門職として、自立する

システムを活用してキャリア開発していく

クリニカルラダー研修

各レベルに応じた目標が達成できるように、講義・演習・OJT(具体的な仕事を通じての教育)を組み合わせ実践しています。

ビギナー
指導を受け看護過程の思考に沿って日常生活援助が実践できる
レベルⅠ
指示を受けながら看護ができる
レベルⅡ
日常の看護実践が自立してできる
レベルⅢ
リーダーシップが発揮できる
レベルⅣ
優れた能力を発揮しながら、役割モデルがとれる

採用者のための体験学習

学校卒業後、当院に就職するまでの期間に行います。病院の雰囲気を感じていただき、職場で働く人達や患者さんと触れ合うことで、就職後の不安を解消していただければと考えています。

研修生の感想

  • 昼食もスタッフと一緒に食べることができ、1日の行動がつかめた。
  • 一つの病棟だけでなく、全体の病棟を見てどんな疾患かなどそれぞれの様子をもう少し知りたかった。
  • 病棟全体の雰囲気がよく安心した。
  • 4月からここで頑張るぞという気持ちになった。
  • スタッフのチームワークの良さや、学生時では見たことのなかったスタッフ業務を知ることができ、とても良い学びになった。
  • 4月からスムーズに職場に入っていけるような気がした。
  • 人として大切な事を学ぶことができた。

ビギナー

到達目標

指導を受け看護過程の思考に沿って日常生活援助が実践できる

新卒看護師用パンフレットをご希望の方は
コチラへご連絡ください

お問い合わせフォームへ

新採用者オリエンテーション研修

時期・期間 項目 内容
4月 初日 入会式 厚生連8病院合同
3日間 集中オリエンテーション
(当院の採用者合同)
病院基本理念・病院概要・事業計画・接遇と応対マナーなどの職業人、医療人としての基本を学ぶ
2日間 看護部オリエンテーション
  • 看護部理念・看護部方針・今年度看護部目標など看護職として必要な項目の説明
  • 配属発表
  • 看護課長紹介
以後は、配属部署にて勤務しながらオリエンテーション研修に参加します。

研修・オリエンテーションの様子

新卒採用者を対象としたオリエンテーションを開催しております。

講義として「接遇」「医療事故防止対策」「感染対策」等を学んだ後、看護技術演習を実施します。

輸液ポンプ・シリンジポンプの操作を臨床工学技士より説明を受け操作訓練しています。

6月 夜勤開始 8~9月開始をめどに見習いを開始しています。個人差はあります、焦らず頑張ろう!
夜勤見習い状況(指導者とペアで行ないます)
1回目 夜勤の状況や業務を見学中心に実施
2回目 数名の患者さんを受け持ち実施
3回目 チームの患者さんを受け持って実施
4回目 チームの患者さんを受け持って実施(指導者は見守りで)
7月 第2回わいわい会 久々の同期集合!近況報告、「みんなも悩みながら頑張ってる」と共有しています。
8月 医療安全各論 「安全を考えた薬剤・輸血について」研修
10月 看護過程研修 受け持ち患者さんが決まり、本格的に看護過程の展開をします。
11月 看護過程(事例検討)研修
12月 人工呼吸器セミナー 人工呼吸器の基本的知識とトラブル対応について学びます。
2月 第3回わいわい会 1年を振り返り、後輩を迎える心構えをします。

レベルⅠ~Ⅳ

レベルⅠ

到達目標:日常の看護実践が自立してできる

  • コミュニケーション・人間関係・メンバーシップを中心に研修を行います。
  • 後輩指導を通して自己の成長につなげます。
レベルⅡ

到達目標:日常の看護実践が自立してできる

  • リーダーシップ・アサーション・プリセプターシップを中心に研修を行います。
  • 日々のリーダー業務や新人の相談役を実践しながら成長します。
レベルⅢ

到達目標:リーダーシップが発揮できる

  • リーダーシップ・コーチング・ディベートを中心とした研修を行います。
  • 固定チームリーダーや部署の教育を担って、チーム医療が実践できるように多職種との連携が図れるようになります。
レベルⅣ

到達目標:優れた能力を発揮しながら、役割モデルがとれる

  • 管理研修を中心に、厚生連本部にて研修を行います。
  • 看護係長や主任級ナースとして部署の中心的存在となります。

ICLS(緊急心臓蘇生措置)

「ICLSコース」は医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。突然の心停止に出会ったときにどのように対処すべきかを実技演習を中心に少人数のグループで約1日かけて行います。

当院では、毎月開催しています。

院内の医師・看護師・他職員だけでなく近隣の病院からの受講者も受け入れています。

ページトップへ戻る