診療協同部 臨床心理科

トップ > 診療科・部門 > 診療協同部 > 臨床心理科

臨床心理科についてご紹介します。

臨床心理科について

臨床心理科には、5人の臨床心理士と非常勤の心理士が所属しており、患者さんの心の相談にのっています。

心身症(心の悩みやストレスが引き起こす身体症状)などに対しては、心理療法による治療を行います。

また、各診療科で身体疾患の治療を受けられている患者さんやご家族に対し、心理的支援としてのカウンセリングを行っています。

当科の取り組み

  • 心身症などに対する心理療法では、患者さんが想いを言葉にし、自分の内面を理解する作業をお手伝いします。小さなお子さんの場合は、遊びを取り入れた遊戯療法を用います。必要な場合は心理検査(発達・知能検査や人格検査)を行い治療に活かしていきます。
  • さまざまな診療科において身体疾患の治療を受けられている患者さんやご家族の中には、大きなストレスを抱え心理的支援が必要とされている方もみえます。ご本人と家族に対してカウンセリングを行い、治療やその後の生活に向き合っていくための心理的支援を行っています。

お知らせ

  • 当院で出産される方、産後の方の心理的支援も行っています。
    希望される方は主治医や助産師にお申し出ください。
  • 申し訳ありませんが、当院に通院中でない方のカウンセリング希望は受けておりません。
  • 当科では1年に2回「ぴよぴよ親の会~集まれ!きせつっ子~」と題した気管切開術を受けられたお子さんと親の会を開催しています。
ページトップへ戻る