診療協同部 放射線技術科

トップ > 診療科・部門 > 診療協同部 > 放射線技術科

放射線技術科についてご紹介します。

放射線技術科について

放射線技術科では、X線、磁気、放射性同位元素などを利用し、高度な検査・治療を行っています。そして安心かつ安全に検査・治療を受けていただくために、医療被ばく低減と医療被ばく管理に注力しており、日本診療放射線技師会から医療被ばく低減施設の認定を得ています。さらに、読影の補助に積極的に取り組み、診療を支援しています。また、医療安全対策や撮影技術レベルの維持・向上に努めています。

職種構成

  • 診療放射線技師
  • 看護師
LINKED 病院を知ろう 放射線科

画像診断の詳細はこちら

画像診断について

認定施設

  • 日本診療放射線技師会認定 医療被ばく低減施設
  • マンモグラフィ検診施設画像認定施設

各種認定技師

      
第1種放射線取扱主任者 18名 第2種放射線取扱主任者 2名
第1種作業環境測定士(放射線) 1名 医学物理士 2名
放射線治療品質管理士 1名 放射線治療専門放射線技師 2名
検診マンモグラフィ撮影
認定診療放射線技師
11名 救急撮影認定技師 6名
Ai認定診療放射線技師 3名 胃がん検診専門技師 2名
胃がんX線検診読影部門B資格 2名 超音波検査士(体表臓器領域) 4名
超音波検査士(消化器領域) 5名 超音波検査士(泌尿器領域) 2名
超音波検査士(健診領域) 1名 X線CT認定技師 6名
磁気共鳴専門技術者 2名 放射線機器管理士 3名
放射線管理士 4名 放射線被ばく相談員 1名
臨床実習指導教員 3名 下部消化管(注腸)
認定診療放射線技師
1名

組織

一般撮影室

一般撮影室では、最新の撮影機器FPD(フラットパネルディテクタ)を使用して、骨、胸部、腹部、小児撮影等のX線撮影を行っています。このFPDの導入により、従来のシステムに比べ被曝線量を減らしつつ画質を向上させることができ、さらに、写真を瞬時に確認できるためスムーズな撮影を行うことができるようになっています。 撮影の際には、患者さんの安全を第一に考え、ポジショニングを行うよう努めています。

特殊撮影室

特殊撮影室では、専用のX線撮影装置を使用して検査を行っています。

専用装置の撮影室として、乳房撮影室(マンモグラフィ―、トモシンセシス撮影)、歯科撮影室(デンタル撮影、パノラマ撮影、歯科CT、セファロ撮影)、長尺撮影室(全脊椎撮影、下肢全長撮影)、腎盂撮影室、骨塩定量室があります。また、画像ファイリング、画像品質管理等の業務も担当しております。

CT室

CT検査は、エックス線を用い得られた情報をコンピュータで計算して身体の断面を画像化する検査です。検査目的によっては、造影剤を使用することもあります。当院では2管球搭載型マルチスライスCT装置および64列型マルチスライスCT装置を使用して検査を行っています。特に2管球CT装置では、心臓など常に動いている臓器もブレの少ない画像が得られます。また、造影剤の減量や被ばく線量の低減、デュアルエナジー撮影による物質分別などの機能イメージングも可能となりました。

使用機器 東芝メディカルシステムズ社製CT装置
AquilionCX
Siemens社製
2管球搭載型マルチスライスCT装置
「SOMATOM Definition Flash」

MRI室

MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像) の略で、磁気と電波を利用して人体の様々な部位を任意の断面で撮像する検査です。放射線被曝がない、組織コントラストが良い、造影剤を使用せずに血管像を描出できるなどの特徴があります。撮像中は装置から工事現場のような大きな音が発生しますが痛みはありません。また狭いトンネルの中で20分~40分間安静にしている必要がありますが近くでスタッフが見ていますのでご安心ください。

使用機器 Siemens社製
MAGNETOM Avanto 2台
Siemens社製
MAGNETOM SymphonyATim 1台

放射線治療室

放射線治療は、手術、化学療法とともに、癌治療の三本柱の一つとして、重要な役割を果たしています。化学療法が全身的治療であるのに対して、手術と放射線治療は癌病巣とその周辺を治療する局所治療です。手術と異なる所は臓器(組織)を切る必要がなく、臓器(組織)の機能を温存することができる点です。専任スタッフにより、精度の高い放射線治療と患者さんのサポートをさせていただきます。

使用機器 バリアン社製
CLINAC iX

核医学検査室 (RI、PET-CT)

核医学検査室では、主にアイソトープ検査とPET検査を行っています。アイソトープ検査は、微量の放射性医薬品を含む薬を静脈注射または飲用し、特定の臓器や組織に取り込まれた放射線を画像化して、臓器の形や働きを知ることができます。投与量を適切に管理しており安心して受けられる検査です。また、当院ではこの放射性医薬品を使用した治療も行っています。PET検査では、正常細胞に比べて糖代謝が盛んで多量のブドウ糖を細胞内に取り込むがん細胞の性質に着目し、ブドウ糖似の放射性医薬品を静脈注射し取り込まれた放射線を画像にします。主にがんの検出や、治療効果の判定、転移や再発がないかどうかなどを調べます。健康診断として行うことも可能です。

使用機器 Philips社製
FORTE
島津製作所製
AXIS
使用機器 Siemens社製
biograph16

X線TV室

人体を透過したX線を、TVモニターでリアルタイムに観察(透視画像の観察)しながら検査や治療を行う検査室です。バリウムという造影剤を使用した胃・大腸などの消化管検査をはじめ、透視画像を用いた様々な検査・治療を行います。当院では少ないX線量でも高画質が得られるフラットパネルディテクタ(FPD)を搭載した装置や、多方向からの撮影が可能なCアーム型の装置を使用しています。

使用機器 日立メディコ社製
CUREVISTA
東芝メディカルシステムズ社製
Ultimax-i

血管撮影室

血管撮影は造影剤という薬剤を血管に注入し、連続的に撮影することにより血管の性状・血行動態の診断や目的臓器の病態を診断する方法です。近年はカテーテルを介して血管の中から治療を目的とした血管内治療であるInterventional radiology(IVR)が装置・医療機器道具・技術の進歩により、適応症例が拡大しより低侵襲な治療が行われています。

使用機器 【冠動脈専用機 】
Siemens社製
Artis ZeeBC
【汎用機】
Siemens社製
AXIOM Zee BA
【ハイブリッド手術室】
Siemens社製
AXIOM Zee ceeling

超音波検査室

超音波を対象物(身体)にあて、対象物から反射してくる超音波(エコー)をコンピュータで映像化し、臓器の形態や血流動態を観察する検査でエコー検査とも呼ばれています。非侵襲的な検査のため、生体への障害や苦痛を伴わずに生体内を観察しながら診断できます。部位別に腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓など)・乳房・甲状腺・表在・血管(頚動脈、下肢動静脈など)・関節の超音波検査を行っています。

使用機器 LOGIQ E9(GE)
ページトップへ戻る