診療協同部 栄養科

トップ > 診療科・部門 > 診療協同部 > 栄養科

栄養科についてご紹介します。

栄養科について

患者さんに心をこめて安全で美味しいお食事を提供するために、食堂パントリー方式を採用し、可能な限り患者さんの食べたい時に美味しい食事が食べられることを目標にしています。
新調理法の採用で安全・安心・満足の食事提供をすると共に、毎日毎食の選択メニューや個人対応の範囲も積極的に広げています。また、季節の食材や行事食メニューの充実を図り、食事が入院中の楽しみになるように努力しています。栄養指導では、患者さんの栄養状態や食生活の改善につながる的確なアドバイス・指導を心がけながらも、出きる限り患者さん個々の要望や嗜好を指導内容に取り入れるよう心がけています。

職種構成

  • 管理栄養士
  • 調理師
  • 調理員
  • 事務

資格取得スタッフ

栄養サポートチーム専門療法士 1名 静脈経腸栄養(TNT-D)管理栄養士 1名
病態栄養認定管理栄養士 1名 糖尿病療養指導士 2名

認定施設

  • 日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設
  • 日本栄養療法推進協議会NST稼働施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士認定教育施設

主な業務

病棟パントリー方式

新調理法(クックチル)を導入し最も安全で美味しい食事づくりを目指しています。
また、病棟ごとにキッチンと食堂、デイルームを完備しており、楽しくお食事をお召し上がりいただけるようにしています。

メニュー

献立はサイクルメニューとなっておりますが、季節ごとの旬の素材や季節の料理を取り込むなど工夫を凝らし、季節感のある食事づくりを目指しております。
季節ごとの祭事・節句に合わせた行事食は年間19回提供しております。

選択メニューと特別メニュー

一部の特別な治療食を除き、毎日毎食2種類のメニューをご用意しています。
朝食はパン食かご飯食、昼夕食はA定食かB定食のいずれかをお選びいただけます。(朝食の選択は無料、昼夕にB定食選択時は1食20円自費請求させていただいています)
また、出産後は夕食にご出産お祝いのお祝膳をお届けしています。なお、産褥食の夕食では特別メニュー(自費負担100円)もお選びいただけます。

栄養食事指導

医師の指示に基づき、食事療法の必要な患者さんと家族を対象に栄養食事指導を行っています。患者さんの日常生活を考慮し、食生活の改善に繋がるように実践しやすい内容の指導を心がけています。

個人栄養指導(入院・外来)

それぞれの疾患に応じた食事のとり方などの指導を行っています。

集団栄養指導(入院・外来)

糖尿病集団教室・高血圧集団教室・脂質異常症集団教室・腎臓病教室・糖尿病バイキング教室を開催しています。

チーム医療

入院患者さんの病態が少しでも改善するために、医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士がそれぞれ一つのチームとなり活動しています。
(NST・緩和・心不全・褥瘡・認知・摂食嚥下)

ページトップへ戻る