循環器内科 循環器センター

トップ > 診療科・部門 > 循環器内科

循環器内科についてご紹介します。

外来担当医表

医師紹介

        
氏名 出身大学
卒年
役職名 認定医・専門医 専門領域
竹本 憲二(たけもと けんじ) 名古屋大学
H3年
特任院長補佐
救命救急センター長
内科代表部長
循環器内科代表部長
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本高血圧学会専門医
日本不整脈学会植込み型除細動器(ICD)研修セミナー履修
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
虚血性心疾患
循環器内科一般
度会 正人(わたらい まさと) 名古屋大学
S60年
副院長
第1診療部長
循環器センター長
日本内科学会認定内科医・指導医・東海地方会評議員
日本循環器学会専門医・東海地方会評議員
日本心血管インターベンション治療学会指導医・評議員
日本不整脈学会植込み型除細動器(ICD)研修セミナー履修
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
虚血性心疾患
循環器内科一般
子安 正純(こやす まさよし) 名古屋大学
H12年
CCU部長 日本内科学会認定総合内科医・指導医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
日本不整脈学会植込み型除細動器(ICD)研修セミナー履修
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
日本救急医学会ICLS・BLSコースディレクター
日本心エコー図学会SHD心エコー図認定医
日本内科学会認定JMECCディレクター
虚血性心疾患
循環器内科一般
植村 祐介(うえむら ゆうすけ) 名古屋大学
H16年
循環器診療部長 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
日本内科学会認定JMECCインストラクター
循環器内科一般
石川 真司(いしかわ しんじ) 名古屋大学
H16年
不整脈診療部長 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本不整脈学会植込み型除細動器(ICD)研修セミナー履修
日本不整脈学会ペーシングによる心不全治療研修セミナー履修
循環器内科一般
平山 賢志(ひらやま けんし) 名古屋大学
H20年
医員 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
循環器内科一般
下條 将史(しもじょう まさふみ) 名古屋大学
H23年
医員 日本内科学会認定内科医 循環器内科一般
尾崎 祐太(おざき ゆうた) 名古屋大学
H24年
医員 日本内科学会認定内科医 循環器内科一般
渡邊 峻(わたなべ たかし) 名古屋市立大学
H25年
医員 日本内科学会認定内科医 循環器内科一般
寺岡 翼(てらおか つばさ) 名古屋大学
H26年
医員 日本内科学会認定内科医 循環器内科一般
植山 大悟(うえやま だいご) 名古屋大学
H27年
医員 循環器内科一般

循環器内科について

専門医が24時間体制で常駐し、心筋梗塞・心不全・重症不整脈を中心とする救急疾患に対応しています。虚血性心疾患を中心とした臨床研究にも積極的に取り組んでおり、自施設のみならず他施設との共同研究も数多く手がけています。

認定施設

  • 日本循環器学会指定研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会指定研修施設
  • 心臓リハビリテーション認可施設
  • ロータブレーター認可施設
  • 植え込み型除細動器(ICD)認可施設
  • 心臓再同期療法(CRT)認可施設、補助人工心臓(VAD)認可施設
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)実施施設
TAVI特設ページ LINKED 病院を知ろう

循環器内科で扱う主な疾患

  • 虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)
  • 不整脈
  • 心不全
  • 弁膜症
  • 心筋疾患
  • 心膜疾患、腫瘍
  • 肺塞栓症
  • 末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)

基本方針

各疾患における診療方針をご紹介します。

虚血性心疾患(安定狭心症)

基本となる冠動脈造影にCTやアイソトープ検査を組み合わせることにより、より精密な診断をし、適切な薬物療法・カテーテル治療・バイパス手術につなげています。

生活習慣病の評価、合併疾患に応じた他科との連携など、総合病院として患者さんの全身に目を向けた最善の診断・治療を心がけています。

急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症)

西三河地区の多くの病院・診療所からの紹介・転送に対応しています。特に治療までの時間が予後を左右すると言われるST上昇型心筋梗塞では、夜間でもスタッフが迅速に集まり、ガイドラインにおいて推奨されている90分以内の再灌流療法が可能になっています。

不整脈

薬物療法が基本ではありますが、患者さんの症状・状態・検査所見に基づき、ペースメーカー植え込みやカテーテルアブレーション治療を行っています。

致死性不整脈に対しては、植え込み型除細動器手術が可能です。

心不全

心エコー・心臓カテーテル検査等を用いた詳細な心臓機能評価や血行動態測定に基づき、個々の患者さんに最適な治療を行っています。心臓リハビリテーション・心不全教室開催など医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士など多職種による総合的な治療を行っています。

診療実績

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
外来患者数(延べ人数) 31,931 31,692 33,290 36,119 36,559
入院患者数(延べ人数) 14,892 14,809 16,216 17,667 18,100
紹介率 80.2% 81.6% 83.6% 80.4% 86.6%
逆紹介率 90.6% 98.3% 118.5% 119.1% 144.3%
治癒・逆紹介率 - - - 46.2% 48.4%
平均在院日数 - 8.0 7.9 8.7 9.2
治療実績 2015年 2016年
冠動脈カテーテル治療(PCI) 536 513
急性冠症候群に対するカテーテル治療(緊急PCI) 243 205
心筋焼灼術(カテーテルアブレーション) 223 241
心房細動に対する心筋焼灼術 142 158
植え込み型除細動器治療(ICD) 11 18
両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器治療(CRT-D) 8 10
経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI) - 13
ページトップへ戻る