腎臓内科 血液浄化センター

トップ > 診療科・部門 > 腎臓内科

腎臓内科についてご紹介します。

外来担当医表

医師紹介

       
氏名出身大学
卒年
役職名認定医・専門医専門領域
森永 貴理(もりなが たかとし) 名古屋大学
H7年
腎臓内科代表部長 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
腎臓内科一般
膠原病・血管炎
血液浄化法一般
玉井 宏史(たまい ひろふみ) 名古屋大学
S59年
副院長
血液浄化センター長
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本透析医学会評議員
日本医師会認定産業医
腎炎
腎不全
慢性腎臓病
血液透析
腹膜透析
伊藤 岳司(いとう たけし) 新潟大学
H17年
腎臓内科病棟部長 日本内科学会総合内科専門医
日本透析医学会専門医
日本腎臓学会専門医
腎臓内科一般
血液浄化法一般
瀬古 浩史(せこ ひろし) 名古屋大学
H25年
医員 日本内科学会認定内科医 腎臓内科一般
血液浄化法一般
亀谷 直輝(かめがい なおき) 岐阜大学
H25年
医員 日本内科学会認定内科医 腎臓内科一般
血液浄化法一般
毛受 大也(めんじょう ひろや) 藤田保健衛生大学
H27年
医員 腎臓内科一般
血液浄化法一般
石川 重史(いしかわ しげふみ) 東海大学
H27年
医員 腎臓内科一般
血液浄化法一般
服部 敬太 (はっとり けいた) 名古屋大学
H28年
医員 腎臓内科一般
血液浄化法一般

腎臓内科について

蛋白尿や血尿、腎機能低下などの慢性腎臓病(CKD)は早期に診断することで全身の病気を予防することができます。健康診断で尿検査や血液検査で問題を指摘された方は腎臓内科の受診をお勧めします。

当院で年6回開催している慢性腎臓病教室には多数の患者さんとご家族に参加していただき大変好評です。

腎炎・ネフローゼ症候群の診断に必要な腎生検に関しても豊富な経験があります。腎臓病と健康について一緒に考えていきましょう。

認定施設

  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会専門医制度認定施設

受診を希望される方へ

蛋白尿・血尿から腎不全、透析治療まで、幅広い腎臓病の治療に対応しています。また、平成27年から難病医療費助成制度の対象疾患にIgA腎症や多発性のう胞腎などの腎疾患が追加になりましたので、この助成制度についてもご相談ください。腎移植に関しては、移植療法の情報提供や適切な腎移植専門施設をご紹介します。

腎臓病の方の受診方法には主に3つの方法があります。

  1. 普段かかりつけ医をお持ちの方は、かかりつけ医にご相談の後、情報提供書(紹介状)をお持ちください。なお、人間ドックや健康診断の結果から受診が必要になった方は、受診時必ず健診結果表をお持ちください。

  2. 慢性腎臓病教室参加には診察予約は不要です。腎臓病の方やご家族のどなたでも腎臓病のお話を聞くことができます。(資料の準備のため参加予約をしていただく事をお勧めしています。かかりつけ医から参加予約も可能です)

  3. 慢性腎臓病に関連深い生活習慣病の治療のために、管理栄養士による栄養指導のみを受けていただく事も可能です。慢性腎臓病、糖尿病、高コレステロール血症、高血圧、メタボリック症候群、高尿酸血症などの食事療法指導をかかりつけ医に相談のうえ地域連携室に申し込んでください。(腎臓内科の診察は不要です)

基本方針

  • 腎臓病に関する最新の情報に基づいて最良の医療を提供します。
  • 腎臓の機能を可能な限り温存して透析を遅らせる努力をします。
  • 腎臓の機能が高度に低下した場合には血液透析、腹膜透析、腎移植について患者さんと充分に相談した上で納得いただける治療法を選んでいただきます。
  • 西三河地区の透析診療中心施設として急性期の透析療法や入院治療が必要な透析患者さんの診療を担当します。

診療実績

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
外来患者数(延べ人数) 19,140 19,239 20,041 18,944 18,197
入院患者数(延べ人数) 9,174 10,097 10,826 10,063 9,613
紹介率 92.1% 91.1% 66.4% 78.3% 93.9%
逆紹介率 96.7% 149.5% 86.3% 107.6% 130.0%
治癒・逆紹介率 - - 62.7% 59.9% 57.2%
平均在院日数 20.4 20.5 18.2 16.9 14.0
2016年度
初診紹介患者数 412名
慢性腎臓病教室(年6回開催)参加者数 117名
腎生検実施患者数 55名
血液透析患者数(維持透析) 新規導入121名、外来通院7名
腹膜透析患者数 新規導入12名、外来通院53名(うちHD併用療法9名)
透析患者治療入院数 504件
透析シャント手術件数 150件
透析シャントPTA 16件
アフェレーシス療法
(血漿交換・血漿吸着・白血球除去療法)
13名(延べ回数 156件)
ページトップへ戻る