泌尿器科

トップ > 診療科・部門 > 泌尿器科

泌尿器科についてご紹介します。

外来担当医表

医師紹介

      
氏名 出身大学
卒年
役職名 認定医・専門医 専門領域
秋田 英俊(あきた ひでとし) 名古屋市立大学
H6年
泌尿器科代表部長 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科学会 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定証取得
日本内視鏡外科学会技術認定証(泌尿器腹腔鏡)取得
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本内視鏡外科学会評議員
名古屋市立大学医学部臨床教授
泌尿器科一般
岡村 武彦(おかむら たけひこ) 名古屋市立大学
S55年
副院長
感染制御部長
日本泌尿器科学会専門医・指導医
厚生大臣認定死体解剖資格
日本がん治療認定医機構暫定教育医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
名古屋市立大学医学部臨床教授
泌尿器科一般
小林 大地(こばやし だいち) 藤田保健衛生大学
H16年
泌尿器腫瘍部長 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科学会 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定証取得
泌尿器科一般
守時 良演(もりとき よしのぶ) 名古屋大学
H18年
内視鏡手術部長 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定証取得
日本静脈経腸栄養学会TNTコース終了
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
泌尿器科一般
永井 隆(ながい たかし) 福井大学
H25年
医員 泌尿器科一般
茶谷 亮輔(ちゃや りょうすけ) 名古屋市立大学
H27年
医員 泌尿器科一般

泌尿器科について

泌尿器科が扱う臓器としては、尿路系(尿が作られ、通るみちすじ)、すなわち腎臓・尿管・膀胱・尿道と、男性生殖器である精巣・前立腺・陰茎などがあります。当科では泌尿器科一般として、これら各臓器における疾患(尿路結石、悪性腫瘍、排尿障害、炎症、外傷、先天異常、男子不妊症など)を対象として診療しています。特に尿路結石・悪性腫瘍に対しては重点的な治療を行っています。現在の泌尿器科のスタッフは、6名おり、幅広い診療が可能となっています。外来は月・水・木・金曜日と第1、第3土曜日に3診制で行っており、毎週火・木・金曜日を手術日としています。

LINKED 病院を知ろう

認定施設

  • 日本泌尿器科学会専門医制度拠点教育施設

泌尿器科で扱う主な疾患

悪性腫瘍

各臓器(腎、尿管、膀胱、前立腺、精巣など)の癌の診断・治療を行っています。特に最近、前立腺癌は男性癌の1-2位にあたる癌であり、近年増加傾向です。血液検査(PSA検査)やMRI、前立腺生検により、早期の診断を目指しています。前立腺全摘除術は、腹腔鏡下前立腺術を三河地区では、いち早く導入し、年々増加傾向です。年間約50-60例を施行しております。通常5ポートで行う手術ですが、数年前より2ポート(2つの孔から行う)でおこなっております。一般手術として行っているのは、世界で当施設のみです(2016年現在)。

膀胱癌に対しては、経尿道的内視鏡手術、腹腔鏡下手術、開腹手術を行っております。抗がん剤治療、放射線治療なども積極的に行っています。腹腔鏡下膀胱全摘術は 東海圏(名古屋などを含み)では当病院が初めて導入しております。 通常5~6 ポートが一般的(5~6 個の"あな"をあける)ですが、当院では、3ポート(3つの孔)で腹腔鏡下膀胱全摘術を行っており、痛みなどの侵襲を、少しでも和らげる努力を行っております。

腎がんにおいても、腎部分切除術を積極的に行い、腎機能温存に努めております。また、分子標的剤(新しい薬)による治療も積極的に行っています。

※腹腔鏡下(ふくくうきょうか)手術とは

  • 従来の開腹手術(おなかを開けて行う手術)と変わらない術式を違うアプローチで行う手術で常に進化している
  • 最大の特徴として 低侵襲~体にやさしい~手術であるといえる
    (小さいきず、少ない痛み、少ない癒着、腸が"眠らない")

尿路結石症

突然の痛みや血尿などで発見されるこの疾患に対しては、薬物治療や手術治療を行います。

体に傷をつけずに体内の結石を破砕するESWL(体外衝撃波結石破砕術)やレーザー治療を含む、内視鏡による手術も数多く行っています。希望される患者さんには、年間200例以上の外来ESWL(日帰り手術)を行っています。

先天異常

おちんちんや陰嚢の異常、包茎やおねしょの相談など、小児の疾患に対しても適切なアドバイス、治療を行っています。

排尿障害

おしっこが出にくい、夜間のトイレが近い、尿が漏れる、といった症状の方は一度ご相談ください。

前立腺肥大症に対して薬物治療・手術治療を行っています。前立腺肥大症の内視鏡手術は多数行っています。その他、神経因性膀胱・過活動膀胱などによる諸症状に対しても適切な治療を行っています。また、女性の尿失禁や排尿障害に対しても診療を行っています。

基本方針

私達は、当院の基本理念でもある「患者さんとの人間関係、信頼関係」を第一に、診療を行う上で十分な説明と情報提供を行い、良質な医療を提供してゆきたいと考えています。またデリケートな部分を扱うため特にプライバシーに配慮し、安心して治療を受けられる体制を目指しています。

診療実績

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
外来患者数(延べ人数) 27,445 28,168 29,443 29,819 29,517
入院患者数(延べ人数) 9,714 9,688 9,802 9,467 8,912
紹介率 62.2% 63.9% 69.5% 71.0% 74.0%
逆紹介率 21.8% 23.5% 21.0% 26.6% 38.8%
治癒・逆紹介率 - - - 17.2% 36.7%
平均在院日数 - 7.9 7.6 7.5 7.0
手術件数 470 518 505 540 506
ページトップへ戻る